ODBC Driver for Acumatica

Build 20.0.7587

PowerPivot から

Power Pivot は、Microsoft が提供するMicrosoft Excel 向けの一般的なビジネスインテリジェンスアドインです。PowerPivot がインストールされている場合は、Excel リボンに[PowerPivot]タブが追加されます。PowerPivot は、Microsoft から無償で入手できます。このガイドに従って、テーブルをPowerPivot にインポートできます。

macOS 設定

macOS では、cdata.odbc.acumatica.ini ファイルにAnsiCodePage コンフィギュレーションを設定する必要があります。.ini ファイルは、本製品 ライブラリを含むフォルダ内、/Applications/CData ODBC Driver for Acumatica 下の[lib]サブフォルダにあります。AnsiCodePage プロパティをDriver セクションに追加します。

このプロパティの値を、マシンの現在のシステムロケールのコードページに設定する必要があります。いくつかの例を示します。

Languageコードページ
英語28591
中国語936
日本語932

Acumatica テーブルのロード

DSN の作成およびドライバーの設定が終わったら、以下の手順に従います。
  1. Excel の[PowerPivot]タブ上の[PowerPivot ウィンドウ]ボタンからPowerPivot ウィンドウを起動します。
  2. [外部データの取得] ->[その他のデータソース] をクリックして[テーブルインポートウィザード]を開きます。
  3. [その他の/高度な(OLEDB/ODBC)リレーショナルデータソース]を選択し、[次へ]をクリックします。わかりやすい接続名の定義と、その接続用の接続文字列の作成を行うためのダイアログが表示されます。
  4. [Build]をクリックして[Data Link Properties]ウィンドウを開きます。
  5. [プロバイダー]タブで、[ODBC ドライバー用 Microsoft OLEDB プロバイダー]を選択します。
  6. [データリンクプロパティ]ウィンドウの[接続]タブで、[データ ソース名を使用する]を選択し、[CData Acumatica データソース]を選択します。CData Acumatica データソースがない場合、ODBC データソースを構成するには、"DSN Configuration" を参照してください。正しいデータソースを選択し、[データリンクプロパティ]ダイアログを終了すると、接続文字列が作成されます。以下の例のようになります:
    Provider=MSDASQL.1;Persist Security Info=False;DSN=MyAcumaticaDSN
  7. オプションを選択して、テーブルのリストからインポートするデータを選択します。
  8. インポートするテーブルを選択し、[完了]をクリックします。

特定の列または条件に一致する結果だけをインポートする場合は、クエリを記述するオプションを選択することもできます。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587