ODBC Driver for Acumatica

Build 20.0.7587

スキーマ検出

次のセクションでは、スキーマ情報の取得方法について説明します。

テーブルとビューのリスト

sqlTables 関数を使用すると、本製品 を通じて利用可能なテーブルとビューを確認できます。これは、クエリのようにデータフレームに結果を返します。

results <- sqlTables(cnx)
for (row in 1:nrow(results)) {
    cat(paste("Catalog: ", results[row,]$TABLE_CAT,
              ", Schema: ", results[row,]$TABLE_SCHEM,
              ", Table: ", results[row,]$TABLE_NAME,
              ", Type: ", results[row,]$TABLE_TYPE, "\n"))
}

sqlColumns 関数を使用すると、テーブルとビューで利用可能なカラムを確認できます。

results <- sqlColumns(cnx, "Events")
for (row in 1:nrow(results)) {
    cat(paste("Name: ", results[row,]$COLUMN_NAME,
              ", Type: ", results[row,]$DATA_TYPE,
              ", Length: ", results[row,]$COLUMN_SIZE,
              ", Precision: ", results[row,]$DECIMAL_DIGITS,
              ", Nullable: ", results[row,]$IS_NULLABLE, "\n")
}

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587