CData JDBC Driver for DynamicsNAV 2016J - Online Help
Available for:
CData JDBC Driver for DynamicsNAV 2016J - Build 16.0.6362

データモデル

CData JDBC Driver for DynamicsNAV 2016J は、DynamicsNAV エンティティをリレーショナルテーブルおよびストアドプロシージャにモデル化します。テーブル定義は、接続するOData サービスから動的に取得されます。

テーブル

Dynamics NAV でWeb サービスとして発行されたPages のみテーブルとして利用可能です。データモデル では、デモ用データベースで利用可能なテーブルを表示しています。実際に利用可能なテーブルはDynamicsNAV インスタンスによって異なります。

ストアドプロシージャ

ストアドプロシージャはデータソースに対する関数形式のインターフェースです。これらを使用して、データソース内の情報を検索、更新、および変更できます。

 
 
Copyright (c) 2017 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 16.0.6362.0