CData JDBC Driver for MongoDB 2017J - Online Help

EXECUTE ステートメント

CData JDBC Driver for MongoDB 2017J - Build 17.0.6669

ストアドプロシージャを実行するには、EXECUTE またはEXEC ステートメントを使用できます。EXEC およびEXECUTE は、名前で参照されたストアドプロシージャのインプットを値またはパラメータ名に割当てます。

ストアドプロシージャ構文

ストアドプロシージャをSQL ステートメントとして実行するには、次の構文を使用します。

 
{ EXECUTE | EXEC } <stored_proc_name> 
{
  [ @ ] <input_name> = <expression>
} [ , ... ]

<expression> ::=
  | @ <parameter> 
  | ?
  | <literal>

ステートメントの例

名前によるストアドプロシージャのインプットの参照:

EXECUTE my_proc @second = 2, @first = 1, @third = 3;
パラメータ化されたストアドプロシージャ構文の実行:
EXECUTE my_proc second = @p1, first = @p2, third = @p3; 

 
 
Copyright (c) 2018 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 17.0.6669.0