CData JDBC Driver for MongoDB 2017J - Online Help

カスタムスキーマ例

CData JDBC Driver for MongoDB 2017J - Build 17.0.6669

このセクションでは、コンプリートスキーマを説明します。info セクションではMongoDB オブジェクトのリレーショナルビューを可能にします。詳細はカスタムスキーマ定義 を参照してください。次のテーブルではSELECT、INSERT、UPDATE、およびDELETE コマンドが以下のスキーマのGET、POST、MERGE、およびDELETE セクションとして実行されます。

collection アトリビュートを使って、パースするコレクション名を特定します。collection アトリビュートを使って、同じコレクションに対して複数のスキーマを定義することができます。

collection が指定されていない場合は、filename がパースされるコレクションを決定します。

スキーマにrows@next input をas-is でコピーします。 mongodbadoExecuteSelect のような処理は内部の実行であり、as-is でコピーできます。

<rsb:script xmlns:rsb="http://www.rssbus.com/ns/rsbscript/2">  

  <rsb:info title="StaticRestaurants" description="MongoDB restaurants データセットのカスタムスキーマ。">  
    <!-- Column definitions -->
    <attr  name="borough"   xs:type="string" other:bsonpath="$.borough"              />
    <attr  name="cuisine"   xs:type="string" other:bsonpath="$.cuisine"              />
    <attr  name="building"  xs:type="string" other:bsonpath="$.address.building"     />
    <attr  name="street"    xs:type="string" other:bsonpath="$.address.street"       />
    <attr  name="latitude"  xs:type="double" other:bsonpath="$.address.coord.0"      />
    <attr  name="longitude" xs:type="double" other:bsonpath="$.address.coord.1"      />
    <input name="rows@next" desc="データのページングに使われる内部属性。"  />
  </rsb:info>  

  <rsb:set attr="collection" value="restaurants"/>

  <rsb:script method="GET">
    <rsb:call op="mongodbadoExecuteSelect">
      <rsb:push />
    </rsb:call>
  </rsb:script>

  <rsb:script method="POST">
    <rsb:call op="mongodbadoExecutePost">
      <rsb:push />
    </rsb:call>
  </rsb:script>

  <rsb:script method="MERGE">
    <rsb:call op="mongodbadoExecuteMerge">
      <rsb:push />
    </rsb:call>
  </rsb:script>

  <rsb:script method="DELETE">
    <rsb:call op="mongodbadoExecuteDelete">
      <rsb:push />
    </rsb:call>
  </rsb:script>

</rsb:script>

 
 
Copyright (c) 2018 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 17.0.6669.0