CData JDBC Driver for MongoDB 2017J - Online Help

CData JDBC Driver for MongoDB 2017J

CData JDBC Driver for MongoDB 2017J - Build 17.0.6519

概要

CData JDBC Driver for MongoDB 2017J を使って、Java アプリケーションからMongoDB にアクセスできます。使い慣れたJDBC インターフェースを使用してMongoDB に接続するJava アプリケーションを構築できます。 The 本製品 models MongoDB 2.6 and 3.0 instances as relational databases. The 本製品 leverages the MongoDB API, including the MongoDB aggregation framework and MapReduce, to enable bidirectional access to MongoDB data through standard SQL. See the NoSQL Database chapter for SQL-to-MongoDB query mappings and more information about accessing unstructured data in MongoDB through SQL. 本製品 は、基底のデータソースを抽象化して、データの取得と更新の両方に使用できるテーブル、ビュー、およびストアドプロシージャとして表します。

はじめに セクションでは、ドライバーのインストールとデプロイ、一般的な接続プロパティ、およびその他の依存関係について説明します。

JDBC の使用 セクションでは、いくつかの一般的なプログラミング手法を示します。これは、JDBC 4.0 API のクイックプレビューとして使用できます。

SQL 準拠 セクションでは、SQL 構文および例を説明します。

本製品 の重要な機能として、データをローカルで簡単にキャッシュできる機能があります。これにより、データソースにアクセスできない場合でも、本製品 をオフラインモードで使用できます。 この機能の詳細については、データのキャッシュ セクションを参照してください。

最後に、NoSQL データベース を参照して、本製品 で使用できるテーブル、ビュー、およびストアドプロシージャを確認してください。

 
 
Copyright (c) 2017 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 17.0.6519.0