Excel Add-In for Business b-ridge

Build 20.0.7695

Excel アドインの使用

接続の確立 後、Excel の使い慣れたツールからBusiness b-ridge のデータを扱うことができます。

データのクエリ

リボンの[クエリの編集]をクリックしてクエリを編集し、データをシートに取り込み、[ワークシートのリフレッシュ]をクリックしてシートをリフレッシュして、最新の変更を取り込みます。データのクエリ を参照してください。

データの更新

行を選択し、[行の更新]をクリックしてBusiness b-ridge に変更をポストします。詳しくは、データの更新 を参照してください。

Excel Add-In(VBA)の使用

Business b-ridge での作業を自動化するマクロを記述します。Excel アドインの使用(VBA) を参照してください。

パラメータ化されたクエリの記述

入力パラメータとしてセル参照を使用する動的クエリに基づいて、スプレッドシートを作成します。例についてはパラメータ化されたクエリの記述 を参照してください。

カスタムビューの定義

本製品 を使用すると、事前設定されたクエリによって内容が決定される仮想テーブルを定義できます。詳しくは、カスタムビューの定義 を参照してください。

CData Excel 式

対応する式を使用して 双方向 操作を自動化します。CData Excel 式 を参照してください。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7695