Cmdlets for Business b-ridge

Build 20.0.7654

データモデル

概要

このセクションでは、利用可能なAPI オブジェクトを示し、Business b-ridge API へのSQL の実行について詳しく説明します。

主要機能

  • 本製品 はドキュメント、フォルダ、およびグループなどのBusiness b-ridge エンティティをリレーショナルビューとしてモデル化し、SQL を記述してBusiness b-ridge データをクエリできるようにします。
  • ストアドプロシージャを使用するとBusiness b-ridge の操作を実行できます。
  • これらのオブジェクトへのライブ接続により、本製品 を使用するとBusiness b-ridge アカウントへのあらゆる変更が即座に反映されます。

ビュー

ビュー では、利用可能なビューを説明します。ビューは、ContentVersions およびUsers を静的にモデル化するように定義されています。

テーブル

本製品 は、Business b-ridge からテーブル を公開します。すべてのテーブルに対して本製品 は、そのテーブルのコンテンツ情報を公開するためにTableName_Contents という名前の子テーブルを自動生成します。 例えば、テーブル名がCDATA の場合、自動生成された子テーブル名はCDATA_Contents となります。 ほとんどのテーブルはINSERT、UPDATE、DELETE、BULKINSERT、BULKUPDATE、BULKDELETE 操作をサポートしています。

ストアドプロシージャ

ストアドプロシージャ は、Business b-ridge のファンクションライクなインターフェースです。ストアドプロシージャを使用すると、オブジェクトのダウンロードやエンベロープの移動など、Business b-ridge の操作を実行できます。

コラボラティブクエリ処理

本製品 は、Business b-ridge にできるだけ多くのSELECT 構文処理をオフロードし、残りのクエリをインメモリで処理します。このセクションでは、API の制限および要件についても説明します。

本製品 がクライアントサイドのインメモリ処理でAPI 制限を回避する方法の詳細については、SupportEnhancedSQL を参照してください。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654