Power BI Connector for Business b-ridge

Build 20.0.7654

CData Power BI Connector for Business b-ridge

概要

CData Power BI Connector for Business b-ridge は、Microsoft Power BI とのセルフサービス連携を提供します。コネクタは、[データを取得]ウィンドウから、Power BI のBusiness b-ridge データへのライブアクセスを容易にします。また、Business b-ridge データを視覚化して分析するためのダイレクトクエリも提供します。

はじめに

Business b-ridge データソースを作成し[データを取得]ウィンドウから接続する方法については、はじめに を参照してください。

コネクタのインストール では、コネクタをインストールするプロセスについて説明します。DSN の作成 では、ODBC DSN 構成を介して接続を確立するプロセスについて詳しく説明します。

Business b-ridge からデータをロードまたは編集するには、データの取得 を参照してください。

データコネクタの使用

リアルタイムでBusiness b-ridge をクエリするレポートの作成については、コネクタの使用 を参照してください。

データのクエリ では、DirectQuery およびImport データアクセスモードを使用してデータをクエリする方法を説明します。データのビジュアライズ では、Power BI ビジュアライゼーションを作成して作業する方法を説明します。

事前設定されたクエリでコンテンツが決定される仮想テーブルを構築するには、カスタムビューの定義 を参照してください。仮想テーブルは、既存のテーブルメタデータから検出されます。

SQL 準拠

構文のリファレンスとサポートされているSQL の概要を示すコード例については、SQL 準拠 を参照してください。

データモデル

利用可能なデータベースオブジェクトと、SQL を使用してBusiness b-ridge API を操作する方法については、データモデル を参照してください。このセクションでは、特定のBusiness b-ridge エンティティのクエリに関する詳細情報を提供します。

接続プロパティ

最後に、Connection プロパティを参照してください。接続の確立に使用できるさまざまなオプションの説明があります。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654