JDBC Driver for Business b-ridge

Build 20.0.7654

ストアドプロシージャ

ストアドプロシージャを使用することにより、データモデル で利用可能なデータを補完することができます。ビューのデータは、テーブルのような直接的な双方向更新ができないため、その場合はストアドプロシージャを使用して更新する必要があります。この場合、データは適切なビューまたはテーブルを使用して取得されますが、更新はストアドプロシージャを呼び出して実行されます。ストアドプロシージャは、パラメータのリストを受け取り、応答を構成するタプルのコレクションを含むデータセットを返します。

CData JDBC Driver for Business b-ridge ストアドプロシージャ

Name Description
AssignParentChildRelationships データレコード間またはコンテンツレコードとデータレコード間の親子関係を作成できます。
CreateSchema 指定されたテーブルまたはビューのスキーマファイルを作成します。
DownloadContent ContentsItemId でコンテンツのblob ファイルをダウンロードします。
ExportCSV csv をエクスポートしてcsv のblobId を返します。
GetIncrementedNumber 連番をインクリメントして、インクリメントされた番号を取得できます。連番のキーはアプリ内で一意です。インクリメントされた値が上限を超えた場合は、最初の連番に切り上げられます。
OutputDataRecord OutputSetId に関連する新しいOutput データレコードを追加します。
SendEmailsToAppAdmin 指定したAppAdmin にE メールを送信します。
SendNoticeToUser 'Recipients' には複数のUserID を指定できます。'Recipients' に複数のユーザーを指定した場合は、各ユーザーに通知が送信されます。
SetupOrResetSequentialNumber 連番を設定またはリセットできます。連番のキーはアプリ内で一意です。
UnAssignParentChildRelationships データレコード間またはコンテンツレコードとデータレコード間の親子関係を削除できます。
UpdateContentsFileVersion コンテンツファイルのバージョンを更新します。
UploadFile blob ストレージにファイルをアップロードします。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654