CData Python Connector for Zoho Books

Build 20.0.7740

sys_sqlinfo

本製品 がデータソースにオフロードできるSELECT クエリ処理について説明します。

コラボラティブクエリ処理

SQL-92 をサポートしていないデータソースを扱う場合、sys_sqlinfo ビューをクエリして、SQL 構文で表現される基底のAPI のクエリ機能を判別できます。本製品 はできるだけ多くのSELECT 構文処理をサーバーにオフロードし、残りのクエリをインメモリで処理します。

本製品 がクライアントサイドのインメモリ処理でAPI 制限を回避する方法の詳細については、SupportEnhancedSQL を参照してください。 SQL 構文の詳細については、SQL 準拠 を参照してください。

データソースのSELECT 機能

以下はSQL 機能のサンプルデータセットです。 次の結果セットは、本製品 がデータソースにオフロードできる、またはクライアントサイドで処理できるSELECT 機能を示します。データソースは追加のSQL 構文をサポートすることがあります。 SELECT 機能のいくつかの側面がサポートされている場合には、カンマ区切りのリストで返されます。サポートされていない場合、カラムにはNO が入ります。

名前説明有効な値
AGGREGATE_FUNCTIONSサポートされている集計関数。AVG, COUNT, MAX, MIN, SUM, DISTINCT
COUNTCOUNT 関数がサポートされているかどうか。YES, NO
IDENTIFIER_QUOTE_OPEN_CHAR識別子をエスケープするための開始文字。[
IDENTIFIER_QUOTE_CLOSE_CHAR識別子をエスケープするための終了文字。]
SUPPORTED_OPERATORSサポートされているSQL 演算子。=, >, <, >=, <=, <>, !=, LIKE, NOT LIKE, IN, NOT IN, IS NULL, IS NOT NULL, AND, OR
GROUP_BYGROUP BY がサポートされているかどうか。サポートされている場合、どのレベルでサポートされているか。NO, NO_RELATION, EQUALS_SELECT, SQL_GB_COLLATE
OJ_CAPABILITIESサポートされている外部結合の種類。NO, LEFT, RIGHT, FULL, INNER, NOT_ORDERED, ALL_COMPARISON_OPS
OUTER_JOINS外部結合がサポートされているかどうか。YES, NO
SUBQUERIESサブクエリがサポートされているかどうか。サポートされていれば、どのレベルでサポートされているか。NO, COMPARISON, EXISTS, IN, CORRELATED_SUBQUERIES, QUANTIFIED
STRING_FUNCTIONSサポートされている文字列関数。LENGTH,CHAR,LOCATE,REPLACE,SUBSTRING,RTRIM,LTRIM,RIGHT,LEFT,UCASE,
SPACE,SOUNDEX,LCASE,CONCAT,ASCII,REPEAT,OCTET,BIT,POSITION,INSERT,TRIM,
UPPER,REGEXP,LOWER,DIFFERENCE,CHARACTER,SUBSTR,STR,REVERSE,PLAN,UUIDTOSTR,TRANSLATE,
TRAILING,TO,STUFF,STRTOUUID,STRING,SPLIT,SORTKEY,SIMILAR,REPLICATE,PATINDEX,LPAD,
LEN,LEADING,KEY,INSTR,INSERTSTR,HTML,GRAPHICAL,CONVERT,COLLATION,CHARINDEX,BYTE
NUMERIC_FUNCTIONSサポートされている数値関数。ABS,ACOS,ASIN,ATAN,ATAN2,CEILING,COS,COT,EXP,FLOOR,
LOG,MOD,SIGN,SIN,SQRT,TAN,PI,RAND,DEGREES,LOG10,POWER,
RADIANS,ROUND,TRUNCATE
TIMEDATE_FUNCTIONSサポートされている日付および時刻関数。NOW,CURDATE,DAYOFMONTH,DAYOFWEEK,DAYOFYEAR,MONTH,QUARTER,WEEK,YEAR,CURTIME,
HOUR,MINUTE,SECOND,TIMESTAMPADD,TIMESTAMPDIFF,DAYNAME,MONTHNAME,CURRENT_DATE,CURRENT_TIME,CURRENT_TIMESTAMP,EXTRACT
REPLICATION_SKIP_TABLESレプリケーション中にスキップされたテーブルを示します。
REPLICATION_TIMECHECK_COLUMNSレプリケーション中に更新判断のカラムとして使用するかどうかを、(指定された順に)チェックするカラムのリストを含む文字列の配列。
IDENTIFIER_PATTERN識別子としてどの文字列が有効かを示す文字列値。
SUPPORT_TRANSACTIONプロバイダーが、コミットやロールバックなどのトランザクションをサポートしているかどうかを示します。YES, NO
DIALECT使用するSQL ダイアレクトを示します。
KEY_PROPERTIESUniform データベースを特定するプロパティを示します。
SUPPORTS_MULTIPLE_SCHEMASプロバイダー用に複数のスキームが存在するかどうかを示します。YES, NO
SUPPORTS_MULTIPLE_CATALOGSプロバイダー用に複数のカタログが存在するかどうかを示します。YES, NO
DATASYNCVERSIONこのドライバーにアクセスするために必要な、CData Sync のバージョン。Standard, Starter, Professional, Enterprise
DATASYNCCATEGORYこのドライバーのCData Sync カテゴリ。Source, Destination, Cloud Destination
SUPPORTSENHANCEDSQLAPI で提供されている以上の、追加SQL 機能がサポートされているかどうか。true, false
SUPPORTS_BATCH_OPERATIONSバッチ操作がサポートされているかどうか。YES, NO
SQL_CAPこのドライバーでサポートされているすべてのSQL 機能。select, insert, delete, update, transactions, orderby, oauth, assignedid, limit, like,
bulkinsert, count, bulkdelete, bulkupdate, groupby, having, aggs,

offset, replicate, countdistinct, joins,
drop, create, distinct, innerjoins, subqueries, alter, multipleschemas, groupbynorelation, outerjoins, unionall,
union, upsert, getdeleted, crossjoins, groupbycollate, multiplecats, fullouterjoin, merge, jsonextract, bulkupsert, sum,
subqueriesfull, min, max, joinsfull, xmlextract, avg, multistatements, foreignkeys, case, leftjoins, commajoins,
with, literals, rename, nestedtables, execute, batch, basic, index

PREFERRED_CACHE_OPTIONS使用したいcacheOptions を指定する文字列値。
ENABLE_EF_ADVANCED_QUERYドライバーがEntity Framework の高度なクエリをサポートしているかどうかを示します。サポートしていなければ、クエリはクライアントサイドで処理されます。YES, NO
PSEUDO_COLUMNS利用可能な疑似カラムを示す文字列の配列。
MERGE_ALWAYS値がtrue であれば、CData Sync 内でMerge Model が強制的に実行されます。true, false
REPLICATION_MIN_DATE_QUERYレプリケート開始日時を返すSELECT クエリ。
REPLICATION_MIN_FUNCTIONサーバーサイドでmin を実行するために使用する式名を、プロバイダーが指定できるようになります。
REPLICATION_START_DATEレプリケート開始日を、プロバイダーが指定できるようになります。
REPLICATION_MAX_DATE_QUERYレプリケート終了日時を返すSELECT クエリ。
REPLICATION_MAX_FUNCTIONサーバーサイドでmax を実行するために使用する式名を、プロバイダーが指定できるようになります。
IGNORE_INTERVALS_ON_INITIAL_REPLICATE初回のレプリケートで、レプリケートをチャンクに分割しないテーブルのリスト。
CHECKCACHE_USE_PARENTIDCheckCache 構文を親キーカラムに対して実行するかどうかを示します。true, false
CREATE_SCHEMA_PROCEDURESスキーマファイルの生成に使用できる、ストアドプロシージャを示します。

次のクエリは、WHERE 句で使用できる演算子を取得します。

SELECT * FROM sys_sqlinfo WHERE Name='SUPPORTED_OPERATORS'
WHERE 句では、個々のテーブルの制限や要件が異なる場合がありますので注意してください。詳しくは、データモデル セクションを参照してください。

Columns

Name Type Description
NAME String SQL 構文のコンポーネント、またはサーバー上で処理できる機能。
VALUE String サポートされるSQL またはSQL 構文の詳細。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7740