Cmdlets for HDFS

Build 20.0.7654

CacheProvider Parameter (Connect-HDFS Cmdlet)

データのキャッシュに使用されるプロバイダーの名前。

Syntax

Connect-HDFS -CacheProvider string

Remarks

キャッシュは、あなたがADO.NET Provider を持っているどのデータベースにも行うことができます。キャッシュデータベースは、CacheProvider およびCacheConnection プロパティに基づいて決定されます。

次のセクションでは、主要なデータベースドライバーでのキャッシュの例および他の必須項目を説明します。一般的な接続プロパティの詳細については、CacheConnection を参照してください。

キャッシュデータベースのドライバーのロード

CacheProvider プロパティは、データのキャッシュに使用されるDbProviderFactory の名前を指定します。使用可能なプロバイダーファクトリーは、machine.config で参照できます。

SQLite

本製品 はSQLite 設定を簡素化します。大抵のキャッシングシナリオでは、CacheLocation を指定する必要があります。

CacheLocation=C:\\Users\\Public\\cache.db;Host=sandbox-hdp.hortonworks.com;Port=50070;Path=/user/root;
オフライン環境で再度利用するために、オンラインの間にクエリ結果を保存することができます。次の例に示すように、Connect-HDFS cmdlet のAutoCache パラメータを設定して、Select-HDFS cmdlet を呼び出すことができます。
Connect-HDFS -Host "sandbox-hdp.hortonworks.com" -Port "50070" -Path "/user/root" -CacheLocation 'C:\Users\Public\cache.db' -AutoCache | Select-HDFS -Table "Files" -Where "FileId = '119116'"

MySQL

MySQL へのキャッシュには、同梱されたCData ADO.NET Provider for MySQL を使います。

Cache Provider=System.Data.CData.MySQL;Cache Connection='Server=localhost;Port=3306;Database=cache;User=root;Password=123456';User=myUser;Password=myPassword;Security Token=myToken;
オフライン環境で再度利用するために、オンラインの間にクエリ結果を保存することができます。Connect-HDFS cmdlet のAutoCache パラメータを設定して、Select-HDFS cmdlet を呼び出すことができます。
Connect-HDFS -Host "sandbox-hdp.hortonworks.com" -Port "50070" -Path "/user/root" -CacheProvider 'System.Data.CData.MySQL' -CacheConnection 'Server=localhost;Port=3306;Database=cache;User=root;Password=123456' -AutoCache | Select-HDFS -Table "Files" 

SQL Server

SQL Server へのキャッシュには、Microsoft .NET Framework に同梱されているMicrosoft .NET Framework Provider for SQL Server を使います。

Cache Provider=System.Data.SqlClient;Cache Connection="Server=MyMACHINE\MyInstance;Database=SQLCACHE;User ID=root;Password=admin";Host=sandbox-hdp.hortonworks.com;Port=50070;Path=/user/root;
オフライン環境で再度利用するために、オンラインの間にクエリ結果を保存することができます。Connect-HDFS cmdlet のAutoCache パラメータを設定して、Select-HDFS cmdlet を呼び出すことができます。
Connect-HDFS -Host "sandbox-hdp.hortonworks.com" -Port "50070" -Path "/user/root" -CacheProvider 'System.Data.SqlClient' -CacheConnection 'Server=MyMACHINE\MyInstance;Database=SQLCACHE;User ID=root;Password=admin' -AutoCache | Select-HDFS -Table "Files" 

Oracle

Oracle へのキャッシュには、次の例に示すようにOracle Data Provider for .NET を使用します。

Cache Provider=Oracle.DataAccess.Client;Cache Connection='User Id=scott;Password=tiger;Data Source=ORCL';Host=sandbox-hdp.hortonworks.com;Port=50070;Path=/user/root;

Oracle Data Provider for .NET は、Oracle Database Client を必要とします。Oracle Database Client をダウンロードする際には、使っているマシン とビット数が合っていることを確認してください。インストールでは、Runtime もしくはAdministrator インストールタイプのどちらかを選択します。Instant Client では使うことができません。 オフライン環境で再度利用するために、オンラインの間にクエリ結果を保存することができます。次の例に示すように、Connect-HDFS cmdlet のAutoCache パラメータを設定して、Select-HDFS cmdlet を呼び出すことができます。

Connect-HDFS -Host "sandbox-hdp.hortonworks.com" -Port "50070" -Path "/user/root" -CacheProvider 'Oracle.DataAccess.Client' -CacheConnection "User Id=scott;Password=tiger;Data Source=ORCL" -AutoCache | Select-HDFS -Table "Files"

PostgreSQL

PostgreSQL へのキャッシュには、同梱されたCData ADO.NET Provider for PostgreSQL を使います。

Cache Provider=System.Data.CData.PostgreSQL;Cache Connection='Server=localhost;Port=5432;Database=cache;User=postgres;Password=123456';User=myUser;Password=myPassword;Security Token=myToken;
オフライン環境で再度利用するために、オンラインの間にクエリ結果を保存することができます。Connect-HDFS cmdlet のAutoCache パラメータを設定して、Select-HDFS cmdlet を呼び出すことができます。
Connect-HDFS -Host "sandbox-hdp.hortonworks.com" -Port "50070" -Path "/user/root" -CacheProvider 'System.Data.CData.PostgreSQL' -CacheConnection 'Server=localhost;Port=5432;Database=cache;User=root;Password=123456' -AutoCache | Select-HDFS -Table "Files" 

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654