CData ODBC Driver for QuickBase 2019J - Online Help

FileMaker Pro から

CData ODBC Driver for QuickBase 2019J - Build 19.0.7445

DSN に接続して、要求に応じてリフレッシュできるFileMaker Pro のテーブルにQuick Base データをロードできます。

Quick Base へのクエリの作成

FileMaker Pro には、データインポートSQL をビルドするウィザードが用意されています。

  1. FileMaker Pro データベースで[File]->[Import Records]->[ODBC Data Source]を選択し、CData Quick Base Source DSN を選択します。
  2. [SQL Query Builder]ウィザードが表示されたら、テーブルとカラムを選択して[Insert into SQL Query]をクリックします。このクエリは直接編集することもできます。

    UI を使いWHERE タブをクリックすることで、WHERE 句にフィルタをビルドできます。

  3. [Import Field Mapping]ウィザードが表示されたら、データソースのカラムからデスティネーションテーブルのカラムにマッピングを定義できます。クエリ結果に新しいテーブルを作成するには、[Target]ボックスから[New Table ("CData Quick Base Source")]を選択し[Import]をクリックします。

データのリフレッシュ

ブラウズモードで[Records]->[Refresh Window]を選択すると、外部データに加えられたあらゆる変更をFileMaker テーブルにロードできます。FileMaker Pro はまた、[Fields]タブで検索を実行するとQuick Base にSELECT を実行します。Quick Base に追加された新しいフィールドをピックアップするには、[File]->[Manage]->[Database]を選択します。ダイアログが表示されたら、[Field]タブをクリックしてテーブルを選択し、同期するカラムを選択します。

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7445.0