CData ODBC Driver for QuickBase 2019J - Online Help

データのクエリ

CData ODBC Driver for QuickBase 2019J - Build 19.0.7445

接続 後、SQL ステートメントを実行して結果を取得できます。

SELECT プロシージャ

odbc_exec を使用してクエリを実行できます。これにより、結果を読むために使用できるリソースが返されます。

$stmt = odbc_exec($cnx, "SELECT Id, Column1 FROM SampleTable_1 WHERE Column2 = 'Bob'");

結果の反復処理

odbc_fetch_array を使用して次の行を配列としてフェッチできます。

while ($row = odbc_fetch_array($stmt)) {
    echo "Id = ", $row["Id"], "\n";
    echo "Column1 = ", $row["Column1"], "\n";
}

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7445.0