CData ODBC Driver for QuickBase 2019J - Online Help

Windows DSN の構成

CData ODBC Driver for QuickBase 2019J - Build 19.0.7445

Microsoft [ODBC データソースアドミニストレーター]の使用

Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってDSN 設定を編集できます。DSN はインストールプロセス中に作成されることに注意してください。

DSN 設定を編集するには、次の手順を実行してください。

  1. [スタート]->[検索] を選択し、[検索]ボックスに[ODBC データソース] と入力します。
  2. アプリケーションのビット数(32-bit または64-bit)に対応するODBC アドミニストレーターのバージョンを選択してください。
  3. [システムDSN] タブをクリックします。
  4. システムデータソースを選択して[構成]をクリックします。
  5. [接続]タブの情報を編集して[OK]をクリックします。

Note: .NET Framework 4.0 の場合、本製品 はMicrosoft Visual C++ 2017 再頒布可能パッケージを配布します。.NET Framework 3.5 の場合、本製品 はMicrosoft Visual C++ 2008 再頒布可能パッケージを配布します。

Connecting to Quick Base

User Authentication Method

To authenthenticate with user credentials, specify the following connection properties:

  1. Set the Quick Base User and Password.
  2. If your application requires an ApplicationToken, you must provide it otherwise an error will be thrown. You can find the ApplicationToken under SpecificApp > Settings > App management > App properties > Advanced settings > Security options > Manage Application Token.

User Token Authentication

To authenthenticate with a user token, specify the following connection properties:

  1. Set UserToken and you are ready to connect. You can find the UserToken under Quick Base > My Preferences > My User Information > Manage User Tokens.

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7445.0