CData Python Connector for IBM Cloud Object Storage

Build 20.0.7745

セッションを使用したデータの更新

セッションの確立

マッピングクラスが定義され接続が確立されると、利用可能なテーブルのデータを修正するためにセッションが使用されます。以下を実行して最初にセッションを取得します。

engine = create_engine("ibmcloudobjectstorage:///?ApiKey=myApiKey;CloudObjectStorageCRN=MyInstanceCRN;Region=myRegion;OAuthClientId=MyOAuthClientId;OAuthClientSecret=myOAuthClientSecret;")
factory = sessionmaker(bind=engine)
session = factory()

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7745