ODBC Driver for IBM Cloud Object Storage

Build 20.0.7654

FileMaker Pro から

DSN に接続して、要求に応じてリフレッシュできるFileMaker Pro のテーブルにIBM Cloud Object Storage データをロードできます。

IBM Cloud Object Storage へのクエリの作成

FileMaker Pro には、データインポートSQL をビルドするウィザードが用意されています。

  1. FileMaker Pro データベースで[File]->[Import Records]->[ODBC Data Source]を選択し、CData IBM Cloud Object Storage Source DSN を選択します。
  2. [SQL Query Builder]ウィザードが表示されたら、テーブルとカラムを選択して[Insert into SQL Query]をクリックします。このクエリは直接編集することもできます。

    UI を使いWHERE タブをクリックすることで、WHERE 句にフィルタをビルドできます。

  3. [Import Field Mapping]ウィザードが表示されたら、データソースのカラムからデスティネーションテーブルのカラムにマッピングを定義できます。クエリ結果に新しいテーブルを作成するには、[Target]ボックスから[New Table ("CData IBM Cloud Object Storage Source")]を選択し[Import]をクリックします。

データのリフレッシュ

ブラウズモードで[Records]->[Refresh Window]を選択すると、外部データに加えられたあらゆる変更をFileMaker テーブルにロードできます。FileMaker Pro はまた、[Fields]タブで検索を実行するとIBM Cloud Object Storage にSELECT を実行します。IBM Cloud Object Storage に追加された新しいフィールドをピックアップするには、[File]->[Manage]->[Database]を選択します。ダイアログが表示されたら、[Field]タブをクリックしてテーブルを選択し、同期するカラムを選択します。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654