ODBC Driver for IBM Cloud Object Storage

Build 20.0.7654

パラメータ化されたステートメント

次のコード例は、パラメータをバインドしてパラメータ化されたステートメントを作成する方法を示します。

シングルユース ステートメント

Query とExec 関数は両方とも、クエリパラメータを値にバインドするための追加パラメータを受け入れます。

rows, _ := db.Query("SELECT Key, Etag FROM Objects WHERE Bucket = ?", "testBucket")
defer rows.Close()
for rows.Next() {
        var (
                Key string
                Etag string
        )

        rows.Scan(&Key, &Etag)
        fmt.Printf("Key = %s, Etag = %s\n", Key, Etag)
}

リユーザブル ステートメント

Prepare 関数は、プリペアドStmt オブジェクトを作成します。これは、複数のQuery およびExec 呼び出しで再利用できます。

stmt, _ := db.Prepare("SELECT Key, Etag FROM Objects WHERE Bucket = ?")
defer stmt.Close()

rows, _ := stmt.Query("testBucket 1")
defer rows.Close()
for rows.Next() {
        var (
                Key string
                Etag string
        )

        rows1.Scan(&Key, &Etag)
        fmt.Printf("Key = %s, Etag = %s\n", Key, Etag)
}

rows, _ = stmt.Query("testBucket 2")
defer rows.Close()
for rows.Next() {
        var (
                Key string
                Etag string
        )

        rows2.Scan(&Key, &Etag)
        fmt.Printf("Key = %s, Etag = %s\n", Key, Etag)
}

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654