ODBC Driver for IBM Cloud Object Storage

Build 20.0.7654

Windows DSN の構成

Microsoft [ODBC データソースアドミニストレーター]の使用

Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってDSN 設定を編集できます。DSN はインストールプロセス中に作成されることに注意してください。

DSN 設定を編集するには、次の手順を実行してください。

  1. [スタート]->[検索] を選択し、[検索]ボックスに[ODBC データソース] と入力します。
  2. アプリケーションのビット数(32-bit または64-bit)に対応するODBC アドミニストレーターのバージョンを選択してください。
  3. [システムDSN] タブをクリックします。
  4. システムデータソースを選択して[構成]をクリックします。
  5. [接続]タブの情報を編集して[OK]をクリックします。

Note: .NET Framework 4.0 の場合、本製品 はMicrosoft Visual C++ 2017 再頒布可能パッケージを配布します。.NET Framework 3.5 の場合、本製品 はMicrosoft Visual C++ 2008 再頒布可能パッケージを配布します。

Cloud Object Storage の新規インスタンスの登録

IBM Cloud アカウントにCloud Object Storage がまだない場合は、以下の手順に従ってアカウントにSQL Query のインスタンスをインストールできます。

  1. IBM Cloud アカウントにログインします。
  2. Cloud Object Storage ページに移動し、インスタンス名を指定して[作成]をクリックします。作成したばかりのCloud Object Storage のインスタンスにリダイレクトされます。

OAuth 認証を使用した接続

接続する前に設定する必要がある特定の接続プロパティがあります。これらは次のようにして取得できます。

API キー

IBM Cloud Object Storage に接続するにはApiKey が必要です。これは次のようにして取得できます。

  1. IBM Cloud アカウントにログインします。
  2. Platform API Keys ページに移動します。
  3. 中央右隅の[Create an IBM Cloud API Key]をクリックして、新しいAPI キーを作成します。
  4. ポップアップウィンドウが表示されたら、API キー名を指定して[作成]をクリックします。ダッシュボードからは二度とアクセスできなくなるため、ApiKey をメモします。

Cloud Object Storage CRN

デフォルトでは、本製品 はCloud Object Storage CRN を自動的に決定しようとします。ただし、複数のアカウントがある場合は、CloudObjectStorageCRN を明示的に指定する必要があります。適切な値を見つけるには、次のことができます:

  • Services ビューのクエリこれにより、IBM Cloud Object Storage インスタンスとそれぞれのCRN がリストされます。
  • IBM Cloud で直接CRN を見つける。これを行うには、IBM Cloud Dashboard に移動します。[リソースリスト]で、[ストレージ]からCloud Object Storage リソースを選択してDRN を取得します。

データへの接続

これで、データに接続するために以下を設定できます。

  • ApiKey:セットアップ中にメモしたAPI キーに設定。
  • CloudObjectStorageCRN(オプション):作業するクラウドオブジェクトストレージCRN に設定。本製品 はこれを自動的に取得しようとしますが、Cloud Object Storage アカウントが複数ある場合は、これを明示的に指定することをお勧めします。

接続すると、本製品 がOAuth プロセスを完了します。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654