ADO.NET Provider for IBM Cloud Object Storage

Build 20.0.7654

ADO.NET の使用

このセクションでは、ADO.NET でIBM Cloud Object Storage にデータアクセスコードを書き込む手順を説明します。

利用可能なデータソースエンティティと、それらをSQL でクエリする方法の詳細については、データモデル を参照してください。SQL 構文についてはSQL 準拠 を参照してください。

コードからの接続

本製品 をデプロイしてIBM Cloud Object Storage への接続を設定するために必要な前提情報については、接続の確立 を参照してください。Code からの接続 では、IBMCloudObjectStorageConnection、IBMCloudObjectStorageConnectionStringBuilder、およびASP.NET のIBMCloudObjectStorageDataSource クラスとの接続方法を示します。

スキーマの検出

スキーマ検出 のクラスを使って、実行時にテーブルスキーマを検出できます。使用可能なシステムテーブル をクエリして、スキーマ情報、データソース情報、およびその他のデータプロバイダーのメタデータを取得することもできます。

SQL の実行

ネイティブADO.NET インターフェースを使用して、IBM Cloud Object Storage にデータ操作SQL を実行できます。IBM Cloud Object Storage とDataAdapter を使用したクエリ では、コード例およびデータにアクセスするネイティブADO.NET インターフェースの使い方について説明します。結果は、挿入されたDataTable インスタンスから、または返されたDataReader から処理できます。

データの更新 では、本製品 を使ってデータセットへの変更を更新する方法を示します。 サポートされたSQL 構文の例についてはSELECT ステートメントUPDATE ステートメントINSERT ステートメント、およびDELETE ステートメント を参照してください。

カスタムビューの定義

本製品 を使用すると、事前設定クエリによって内容が決定される仮想テーブルを定義できます。カスタムビューの作成と設定の概要については、カスタムビューの定義 を参照してください。

ストアドプロシージャの実行

ストアドプロシージャの呼び出し を、パラメータ化されたステートメント、またはIBMCloudObjectStorageCommand クラスを使用したEXEC SQL ステートメントとして実行できます。

コネクションプーリング

接続文字列を設定して、プールされた接続をインスタンス化します。プールを作成および設定するには、接続プール を参照してください。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654