CData Python Connector for Sage 200

Build 20.0.7587

Auto Cache

SELECT クエリの結果を、 CacheLocation 、または&rpCacheConnection と CacheProvider の両方で指定されたキャッシュデータベースに自動的にキャッシュします。

データ型

bool

デフォルト値

false

解説

AutoCache がtrue に設定されていると、本製品 はテーブルデータのキャッシュを選択したデータベースに自動的に保存します。

キャッシュデータベースの設定

AutoCache がtrue の場合、本製品 はシンプルなファイルベースストアにキャッシュします。次のプロパティを使って、場所またはキャッシュを別のデータベースに構成できます。

関連項目

  • CacheMetadata:このプロパティは、Sage 200 メタデータから取得したテーブルスキーマを永続化することによって、ネットワークを横断するメタデータの量を減らします。メタデータは、すべての接続で取得する必要はなく、一度取得するだけです。
  • 明示的なキャッシュ:このセクションでは、AutoCacheOffline で使用する例をさらに示します。
  • CACHE ステートメント:CACHE ステートメントを使って、SELECT クエリを永続化し、キャッシュを管理(例えば、スキーマのリフレッシュ)ができます。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587