ODBC Driver for Sage 200

Build 20.0.7587

Go から

このセクションでは、Go ODBC ドライバーと組み込みのsql パッケージを使用して、Go でSage 200 にODBC データアクセスコードを書き込む手順を説明します。

利用可能なAPI オブジェクト、およびAPIの制限や要件の詳細については、データモデル を参照してください。SQL 構文については、SQL 準拠 を参照してください。

Go からの接続

本製品 をデプロイしてSage 200 への接続を設定するために必要な前提情報については、はじめに を参照してください。

依存関係 では、Go ODBC ドライバーをインストールするために必要な手順を説明します。インストールができたら、接続 を参照してSage 200 に接続してください。

SQL の実行

SQL 関数を使用してSage 200 でSQL を実行します。

  • SELECT ステートメントを実行し、結果を反復処理するには、データのクエリ を参照してください。
  • パラメータ化されたステートメントを実行するには、パラメータ化されたステートメント を参照してください。パラメータ化されたステートメントは、クエリを複数回効率よく実行し、SQL インジェクション攻撃を軽減する手段を提供します。

ストアドプロシージャの実行

ストアドプロシージャをSQL ステートメントとして実行するには、ストアドプロシージャの実行 を参照してください。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587