ODBC Driver for Sage 200

Build 20.0.7587

DataDirect ドライバーマネージャーの使用

一部のODBC クライアントプログラムには、オープンソースのunixODBC ではなく、独自のODBC ドライバーマネージャーが付属しています。例えば、Informatica、OBIEE、およびSAS はDataDirect ドライバーマネージャーを使用します。アプリケーション固有の構成については、ツールからの使用 を参照してください。

unixODBC とODBC クライアントアプリケーションのODBC ドライバーマネージャーとの間の非互換性を避けるために、ドライバーを設定する前にunixODBC をアンインストールすることを推奨します。

ドライバーエンコーディングの設定

CData ODBC driver は、ODBC 環境属性SQL_ATTR_APP_UNICODE_TYPE およびSQL_ATTR_DRIVER_UNICODE_TYPE もサポートしています。DataDirect ODBC ドライバーマネージャーはこれを使用して、クライアントアプリケーションが期待する内容に応じて自動的にエンコーディングを設定します。クライアントアプリケーションがこれらの属性をサポートしている場合、文字エンコーディングは自動的に定義されます。 これらの属性が指定されていない場合、'/opt/cdata/cdata-odbc-driver-for-sage200/lib/cdata.odbc.sage200.ini' でエンコーディングを手動で設定できます。デフォルトでは、DataDirect ドライバーマネージャーはUTF-8 を使用します。

[Driver]
DriverManagerEncoding=UTF-8

ドライバーの登録

ドライバーの設定ファイル"odbcinst.ini" で、ドライバー名を登録します。この手順は、SAS およびInformatica では必須ではありません。

ファイルの場所は、インストールによって異なる場合があります。一部のアプリケーションは、$ODBCHOME などのODBC 設定ファイルの環境変数を検索します。

[CData ODBC Driver for Sage200]
Driver=/opt/cdata/cdata-odbc-driver-for-sage200/lib/libsage200odbc.x64.so
Description=CData ODBC Driver for Sage200 2017

DSN の設定

DSN 設定ファイル"odbc.ini" では、unixODBC のようなドライバー名ではなく、フルパスでドライバーライブラリを指定します。その後、特定のデータソースに必要なその他の接続プロパティを入力します。

ファイルの場所は、インストールによって異なる場合があります。一部のアプリケーションは、$ODBCHOME などのODBC 設定ファイルの環境変数を検索します。

[CData Sage200 Source]
Driver=/opt/cdata/cdata-odbc-driver-for-sage200/lib/libsage200odbc.x64.so
subscriptionkey=12345
Schema=StandardUK
Sage 200 への接続に関する説明は、Linux DSN の構成 を参照してください。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587