ODBC Driver for Sage 200

Build 20.0.7587

Windows DSN の構成

Microsoft [ODBC データソースアドミニストレーター]の使用

Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってDSN 設定を編集できます。DSN はインストールプロセス中に作成されることに注意してください。

DSN 設定を編集するには、次の手順を実行してください。

  1. [スタート]->[検索] を選択し、[検索]ボックスに[ODBC データソース] と入力します。
  2. アプリケーションのビット数(32-bit または64-bit)に対応するODBC アドミニストレーターのバージョンを選択してください。
  3. [システムDSN] タブをクリックします。
  4. システムデータソースを選択して[構成]をクリックします。
  5. [接続]タブの情報を編集して[OK]をクリックします。

Note: .NET Framework 4.0 の場合、本製品 はMicrosoft Visual C++ 2017 再頒布可能パッケージを配布します。.NET Framework 3.5 の場合、本製品 はMicrosoft Visual C++ 2008 再頒布可能パッケージを配布します。

Important connection properties

Schema
Schema Determines which Sage 200 edition you are connecting to. Specify either StandardUK or ProfessionalUK.

Subscription Key
SubscriptionKey provides access to the APIs on Sage 200 that are used to establish a connection. You will first need to log into the Sage 200 API website and subscribe to the API edition that matches your account. You can do so here: https://developer.columbus.sage.com/docs/services/api/uk

Afterwards, the subscription key may be found in your profile after logging into Sage 200.

Authenticating to Sage 200

Sage 200 uses the OAuth authentication standard. See OAuth 認証の使用 for an authentication guide.

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587