ADO.NET Provider for FreshDesk

Build 20.0.7587

EF 6の使用

現在、Entity Framework は、.NET Framework とは別に開発されています。したがって、.NET Framework に含まれていたいくつかの依存関係は、現在Entity Framework に含まれています。このセクションでは、プロジェクトでEntity Framework 6 (EF6) を使用する方法について説明します。

Entity Framework 6 のインストール

初めに、EF6 環境をインストールおよび設定します。Visual Studio でPackage Manager Console を使用して、最新バージョンのEntity Framework をインストールします。次のコマンドを実行すると、Entity Framework が自動的にダウンロードされ、インストールされます。

Install-Package EntityFramework

Entity Framework プロバイダーの登録

Entity Framework プロバイダーを登録するには、次の手順を実行してください。

  1. App.config またはWeb.config の"providers" セクションに次のプロバイダーエントリを追加します。Entity Framework のインストールが正常に完了していれば、このセクションはすでに存在します。
    <configuration>
    ...
    <entityFramework>
      <providers>
        ...
        <provider invariantName="System.Data.CData.FreshDesk" type="System.Data.CData.FreshDesk.FreshDeskProviderServices, System.Data.CData.FreshDesk.Entities.EF6" />
      </providers>
    </entityFramework>
    </configuration>
  2. System.Data.CData.FreshDesk.Entities.EF6.dll への参照を追加します。これは、インストールディレクトリのlib > 4.0サブフォルダ内にあります。
  3. プロジェクトをビルドして、EF6 を使用するための設定を完了します。

プロジェクトのビルド

プロジェクトは、ローカルのビルドの場所に参照アセンブリがコピーされるようにビルドする必要があります。これらのアセンブリは、Visual Studio Entity Data Model ウィザードで使用されます。

Entity Framework の使用

設定が完了したら、モデルファーストアプローチ で説明しているEntity Data Model ウィザードを使用するか、コードファーストアプローチ で説明しているコードファーストアプローチを使用することができます。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587