ODBC Driver for WordPress

Build 20.0.7587

SQL Gateway

CData SQL Gateway は、仮想SQL Server またはMySQL データベースとしてODBC データソースへのリモートアクセスを実現します。SQL Gateway アプリケーションは、MySQL またはTDS(SQL Server)ワイヤプロトコルで作成された要求を設定されたポートでリッスンし、ODBC データソースの読み書きによってこれらに応答します。これにより、MySQL またはSQL Server で動作するツールまたはアプリケーションを使って、リモートマシンから任意のODBC DSN に接続できます。

SQL Gateway は、ODBC DSN へのSQL 要求のブローカーに加え、ファイアウォールを越えたデータへの安全な接続を容易にします。SQL Gateway を設定すると、簡単な設定で、ファイアウォールの外側にあるマシンへのSSH リバーストンネルを作成できます。これで、この外部マシンへのあらゆる接続は、ファイアウォール内のSQL Gateway インスタンスに安全に渡されます。接続は、TLS/SSLやMySQL およびSQL Server で利用可能な標準のアクセス制御メカニズムを介して保護されています。SSH リバーストンネリングのサポートは、クラウドサービスがオンプレミスデータにアクセスできるようにする場合に特に便利です。

リモーティングサービスの設定

リモートアクセスを有効にするには、MySQL またはTDS(SQL Server)プロトコルを使用してデータベースクエリをリッスンし、DSN に結び付いているODBC ドライバーにプロキシします。リモーティングサービスは、任意のODBC ドライバーに作成できます。

作成したMySQL およびTDS リモーティングサービスは、CData SQL Gateway 管理ツールの[Services] タブ上で管理できます。作成したサービスへのアクセスを管理するには、[Users]タブのアクセス制御リストを定義します。

ファイアウォールの背後にあるホスティングサービス

Gateway 機能を使うと、ファイアウォールの外側のSSH ホストへのSSH リバーストンネルをビルドできます。Gateway はリバーストンネル接続も管理できます。接続が失われたり中断された場合は、サードパーティーツールを必要とすることなく再接続します。

SSH リバーストンネルを[Tunneling]タブで設定します。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587