JDBC Driver for WordPress

Build 20.0.7587

JNDI

JNDI でのコネクションプーリング

Java Naming and Directory Service(JNDI)は、分散アプリケーションがサービスを検索できるようにするAPI です。JNDI を使用すると、コネクションプールを簡単に設定できます。

JNDI を使用してコネクションプールを設定するには、以下のサンプルコードに示すように、JNDI ファイルシステムサービスプロバイダーを初期化する必要があります。このサンプルを実行するには、クラスパスにfscontext.jar ファイルとproviderutil.jar ファイルを追加する必要があります。これらのファイルは、Oracle Java Archive からダウンロードできます。Java SE セクションで、[Java Platform Technologies]->[Java Naming and Directory Interface]を選択します。

 
Hashtable env = new Hashtable();
env.put(Context.INITIAL_CONTEXT_FACTORY,
    "com.sun.jndi.fscontext.RefFSContextFactory");
env.put(Context.PROVIDER_URL, "file:///tmp");

Context ctx = new InitialContext(env); 
DataSource ds = null;
Connection conn = null;
次のコードは、WordpressDataSource をJNDI ネーミングサービスに登録し、サービスからDataSource のインスタンスを取得し、インスタンスからプールされた接続を作成します。
try {
  WordpressConnectionPoolDataSource wordpressDataSource = new WordpressConnectionPoolDataSource();
  wordpressDataSource.setURL("jdbc:wordpress:UseConnectionPooling=true;URL=http://www.yourwordpresshost.com;User=yourUsername;Password=yourPassword;");
  ctx.bind("jdbc/wordpress", wordpressDataSource);
  ds = (DataSource) ctx.lookup("jdbc/wordpress");

  conn = ds.getConnection();
  Statement stat = conn.createStatement();
  boolean ret = stat.execute("SELECT 1");
  ResultSet rs=stat.getResultSet(); 
} catch(Exception ex) { } finally {
  if(conn != null) conn.close();
}

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587