CData Cmdlets for PostgreSQL 2019J - Online Help

AllowPreparedStatement Parameter (Connect-PostgreSQL Cmdlet)

CData Cmdlets for PostgreSQL 2019J - Build 19.0.7354

クエリステートメントを実行前に準備します。

Syntax

Connect-PostgreSQL -AllowPreparedStatement bool

Remarks

AllowPreparedStatement プロパティがfalse に設定されている場合は、ステートメントは実行されるたびに解析されます。たくさんの異なるクエリを一回だけ実行する場合は、このプロパティをfalse に設定すると便利です。

同じクエリを繰り返し実行する場合は、このプロパティをデフォルトのtrue のままにしておくとパフォーマンスが向上します。クエリを準備することで、同じクエリを何度も繰り返しコンパイルすることを避けられます。ただし、プリペアドステートメントの場合、ステートメントが準備される間本製品 は接続をアクティブかつオープンに保つ必要があります。

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7354.0