CData ODBC Driver for PostgreSQL 2019J - Online Help

unixODBC の使用

CData ODBC Driver for PostgreSQL 2019J - Build 19.0.7354

次のセクションでは、unixODBC ドライバーマネージャーのインストール、unixODBC 用のドライバーの設定、およびDSN の作成に関するハウツーを紹介します。

unixODBC のインストール

unixODBC ドライバーマネージャーのプリコンパイルされたバイナリは、多くのオペレーティングシステムで使用できます。

Ubuntu のようなDebian ベースのシステムでは、次のコマンドをルートとしてまたはsudo で実行することで、unixODBC をインストールできます。

apt-get install unixodbc unixodbc-dev
Red Hat Enterprise Linux、CentOS、およびFedora では、YUM またはDNF でunixODBC をインストールできます。例えば、次のコマンドをルートとしてまたはsudo で実行します。
yum install unixODBC unixODBC-devel
バイナリがお使いのオペレーティングシステムで利用できない場合は、unixODBC を自分でコンパイルする必要があります。 バイナリを取得する方法や、お使いのオペレーティングシステムにunixODBC をコンパイルする方法については、unixODBC のWeb サイトを参照してください。

unixODBC コンフィギュレーションファイルの使用

unixODBC のインストールにグラフィカルツールが含まれていない場合は、コンフィギュレーションファイルを編集してPostgreSQL への接続を設定できます。

次のコマンドをターミナルに入力することで、システムのコンフィギュレーションファイルの場所を決定できます。

odbcinst -j
以下に、このコマンドの出力例を示します。
DRIVERS............: /etc/odbcinst.ini
SYSTEM DATA SOURCES: /etc/odbc.ini
FILE DATA SOURCES..: /etc/ODBCDataSources
USER DATA SOURCES..: /home/myuser/.odbc.ini
SQLULEN Size.......: 8
SQLLEN Size........: 8
SQLSETPOSIROW Size.: 8
Note:システム全体の設定を変更するには、権限を上げる必要があります。それには、root またはsudo コマンドを使用できます。

ドライバーエンコーディングの設定

unixODBC は、UTF-16 エンコーディングを使用してアプリケーションと通信します。これは、CData ODBC ドライバーのデフォルトエンコーディングですが、必要に応じて設定ファイル'/opt/cdata/cdata-odbc-driver-for-postgresql/lib/cdata.odbc.postgresql.ini' で代替オプションに設定できます。

ドライバーの登録

odbcinst.ini ファイルにセクションを追加してドライバーを登録します。パスを本製品 ライブラリに変更する場合は、インストールされたドライバー定義を変更する必要があります。

odbcinst.ini ファイルのセクションは、ドライバー名をドライバーライブラリにマッピングします。セクションはドライバー名で始まります。Driver プロパティはドライバーライブラリへのパスを指します。ドライバーライブラリは.so ファイルです。デフォルトでは、/opt/cdata/cdata-odbc-driver-for-postgresql/lib に格納されます。Description プロパティを実装することもできます。

[CData ODBC Driver for PostgreSQL]
Driver=/opt/cdata/cdata-odbc-driver-for-postgresql/lib/libpostgresqlodbc.x64.so
Description=CData ODBC Driver for PostgreSQL 2019J

ドライバーが登録されたかどうかを確認するには、次のコマンドを使ってシステムにインストールされたドライバーをリストします。

odbcinst -q -d

DSN を定義

odbc.ini にエントリーを追加してDSN を作成します。次にodbc.ini のDSN エントリの例を示します。

[CData PostgreSQL Source]
Driver=/opt/cdata/cdata-odbc-driver-for-postgresql/lib/libpostgresqlodbc.x64.so
User=postgres
Password=admin
Database=postgres
Server=127.0.0.1
Port=5432

接続のテスト

unixODBC テストツールisql を使って、コマンドラインからPostgreSQL へSQL クエリを実行できます。接続をテストする際は、-v フラグを使ってドライバーマネージャーおよびドライバーからのメッセージを出力します。

isql -v "CData PostgreSQL Source" 

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7354.0