CData ODBC Driver for PostgreSQL 2019J - Online Help

Linux DSN の構成

CData ODBC Driver for PostgreSQL 2019J - Build 19.0.7354

このセクションでは、以下のいくつかのLinux ディストリビューションでODBC 接続をセットアップしDSN を設定する方法を説明します:Ubuntu のようなDebian ベースのシステム、Red Hat Enterprise Linux (RHEL)、CentOS、およびFedora のようなRed Hat Linux プラットフォーム。

Linux の最小バージョン

Red Hat ベースおよびDebian ベースシステムでサポートされる最小バージョンは以下のとおりです。

OSMin.Version
Ubuntu11.04
Debian7
RHEL6.9
CentOS6.9
Fedora13

ドライバー依存関係のインストール

必要な依存関係をインストールするには、次のコマンドをルートとしてまたはsudo で実行します。

  • Debian/Ubuntu:
    apt-get install libc6 libstdc++6 zlib1g libgcc1
  • RHEL/CentOS/Fedora:
    yum install glibc libstdc++ zlib libgcc

本製品 が必要とする対応ライブラリは以下のとおりです。

Debian/Ubuntu PackageRHEL/CentOS/Fedora PackageFile
libc6glibclinux-vdso.1
libc6glibclibm.so.6
libc6glibclibrt.so.1
libc6glibclibdl.so.2
libc6glibclibpthread.so.0
libc6glibclibc.so.6
libc6glibcld-linux-x86-64.so.2
libstdc++6libstdc++libstdc++.so.6
zlib1gzliblibz.so.1
libgcc1libgcclibgcc_s.so.1

ドライバーのインストール

標準のパッケージ管理システムを使用してドライバーをインストールできます。

Ubuntu のようなDebian ベースのシステムでは、次のコマンドをroot またはsudo で実行します。

dpkg -i /path/to/driver/setup/PostgreSQLODBCDriverforUnix.deb 

RPM パッケージ形式をサポートするシステムでは、次のコマンドをroot またはsudo で実行します。

rpm -ivh /path/to/driver/PostgreSQLODBCDriverforUnix.rpm 

ドライバーのライセンス

次のコマンドを実行して本製品 のライセンスを取得します。評価版をアクティベートするには、<key> の入力を省略してください。

cd /opt/cdata/cdata-odbc-driver-for-postgresql/bin/
sudo ./install-license.x64 <key>

ドライバーマネージャー経由の接続

ドライバーマネージャーはドライバーをロードし、アプリケーションからドライバーに関数呼び出しを渡します。本製品 をドライバーマネージャーに登録して、ドライバーマネージャーのコンフィギュレーションファイルにDSN を定義する必要があります。

本製品 のインストールでは、本製品 をunixODBC ドライバーマネージャーに登録し、システムDSN を作成します。UnixODBC ドライバーマネージャーは、Python やその他多くのアプリケーションから使用できます。アプリケーションに別のドライバーマネージャーが組み込まれている可能性があります。

DSN の作成

unixODBC をインストールしてDSN を設定するには、unixODBC の使用 を参照してください。OBIEE、Informatica、およびSAS に接続するDSN を作成するには、DataDirect ドライバーマネージャーの使用 を参照してください。

Connecting to PostgreSQL

The following connection properties are required in order to connect to data.

  • Server: The host name or IP of the server hosting the PostgreSQL database.
  • Port: The port of the server hosting the PostgreSQL database.

You can also optionally set the following:

  • Database: The default database to connect to when connecting to the PostgreSQL Server. If this is not set, the user's default database will be used.

Connect Using Standard Authentication

To authenticate using standard authentication, set the following:

  • User: The user which will be used to authenticate with the PostgreSQL server.
  • Password: The password which will be used to authenticate with the PostgreSQL server.

Connect Using SSL Authentication

You can leverage SSL authentication to connect to PostgreSQL data via a secure session. Configure the following connection properties to connect to data:

  • SSLClientCert: Set this to the name of the certificate store for the client certificate. Used in the case of 2-way SSL, where truststore and keystore are kept on both the client and server machines.
  • SSLClientCertPassword: If a client certificate store is password-protected, set this value to the store's password.
  • SSLClientCertSubject: The subject of the TLS/SSL client certificate. Used to locate the certificate in the store.
  • SSLClientCertType:; The certificate type of the client store.
  • SSLServerCert: The certificate to be accepted from the server.

ドライバーエンコーディングの設定

ODBC ドライバーは、ODBC ドライバーマネージャーで使用するエンコーディングを指定する必要があります。デフォルトでは、Unix 用のCData ODBC ドライバーはunixODBC と互換性のあるUTF-16 を使用するように設定されていますが、他のドライバーマネージャーでは代替エンコーディングが必要な場合があります。

また、ANSI ODBC API を使用するアプリケーションからODBC ドライバーを使用している場合は、ANSI コードページを設定する必要があります。例えば、ANSI アプリケーションに日本語の文字をインポートするには、設定ファイル'/opt/cdata/cdata-odbc-driver-for-postgresql/lib/cdata.odbc.postgresql.ini' でコードページを指定できます。

[Driver]
AnsiCodePage = 932

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7354.0