CData Excel Add-In for Amazon Athena 2019J - Online Help

接続文字列オプション

CData Excel Add-In for Amazon Athena 2019J - Build 19.0.7354
接続文字列プロパティは、接続を確立するために使用できるさまざまなオプションです。このセクションでは、このプロバイダの接続文字列で設定できるオプションの一覧を示します。詳細についてはリンクをクリックしてください。

For more information on establishing a connection, see Establishing a Connection.
Access KeyYour AWS account access key or the access key for an authorized IAM user.
Auto CacheSELECT クエリの結果を、 CacheLocation 、または&rpCacheConnection と CacheProvider の両方で指定されたキャッシュデータベースに自動的にキャッシュします。
Cache Connectionキャッシュデータベースの接続文字列。このプロパティは、常に CacheProvider と一緒に使用します。両プロパティを設定すると、データをキャッシュするための CacheLocation のバリューセットがオーバーライドされます。
Cache Locationキャッシュデータベースへのパスとファイル名を指定します。
Cache Metadataこのプロパティは、テーブルメタデータをファイルストアにキャッシュするかどうかを決定します。
Cache Providerデータのキャッシュに使用されるプロバイダーの名前。
Cache ToleranceAutoCache 使用時のキャッシュ内の失効データに対する許容範囲の秒数。
Clean Query ResultsAmazon Athena produces cache files with every query, in the folder specified in S3StagingDirectory . CleanQueryResults specifies whether these files should be deleted once the connection is closed.
DatabaseThe name of the Athena database.
Encryption KeySpecifies the encryption key when encrypting results stored in S3.
Encryption TypeSpecifies the encryption option for query results in Athena.
Firewall Passwordプロキシベースのファイアウォールへの認証に使われるパスワード。
Firewall PortプロキシベースのファイアウォールのTCP ポート。
Firewall Serverプロキシベースのファイアウォールの名前もしくはIP アドレス。
Firewall Typeプロキシベースのファイアウォールで使われるプロトコル。
Firewall Userプロキシベースのファイアウォールに認証するために使うユーザー名。
Include Table TypesIf set to true, the provider will query Athena for the types of individual tables.
Locationテーブル、ビュー、およびストアドプロシージャを定義するスキーマファイルを格納するディレクトリへのパス。
Logfileログファイルへのパス。
Max Log File Countログファイルの最大ファイル数を指定する文字列。サイズリミットを超えると、日付と時刻が末尾に追加された新しいログが同じフォルダ内に作成され、最も古いログファイルが削除されます。
Max Log File Sizeログファイルの最大バイトサイズ(例えば、10MB)を指定する文字列。サイズリミットを超えると、日付と時刻が末尾に追加された新しいログが同じフォルダ内に作成されます。
Max Rowsクエリで集計またはグループ化を使用しない場合に返される行数を制限します。これにより、設計時にパフォーマンスの問題を回避できます。
Metadata Discovery MethodAPI to use to retrieve the metadata for Amazon Athena.
MFA Serial NumberThe serial number of the MFA device if one is being used.
MFA TokenThe temporary token available from your MFA device.
Offlineオフラインモードを使用して、ライブソースではなくキャッシュからデータを取得します。
Otherこれらの隠しプロパティは特定のユースケースでのみ使用されます。
Page SizeThe number of results to return per page of data retrieved from Amazon Athena.
Polling IntervalThis determines the polling interval in milliseconds to check whether the result is ready to be retrieved.
Principal ArnThe ARN of the SAML Identity provider in your AWS account.
Proxy Auth SchemeProxyServer プロキシへの認証で使われる認証タイプ。
Proxy Auto Detectこれは、システムプロキシ設定を使用するかどうかを示します。これは他のプロキシ設定よりも優先されるため、カスタムプロキシ設定を使用するにはProxyAutoDetect をFALSE に設定する必要があります。
Proxy ExceptionsProxyServer 経由での接続が免除されるホストまたはIP のセミコロン区切りのリスト。
Proxy PasswordProxyServer プロキシへの認証に使われるパスワード。
Proxy PortProxyServer プロキシが起動しているTCP ポート。
Proxy ServerHTTP トラフィックをルートするためのプロキシのホストネームもしくはIP アドレス。
Proxy SSL TypeProxyServer プロキシへの接続時に使用するSSL タイプ。
Proxy UserProxyServer プロキシへの認証に使われるユーザー名。
Query Caching LevelModifies the usage of query results stored in S3StagingDirectory . Cached queries will not be scanned again by Amazon Athena until the amount of seconds specified in QueryTolerance has passed.
Query PassthroughWhether or not the provider will pass the query to Amazon Athena as-is.
Query TimeoutThe timeout in seconds for requests issued by the provider to download large result sets.
Query ToleranceSpecifies the amount of time in seconds queries cache for if QueryCachingLevel is not set to None.
RegionThe hosting region for your Amazon Web Services.
Role ARNThe optional Amazon Resource Name of the role to use when authenticating.
S3 Staging DirectorySpecifies the location Amazon Athena will use to store the results of a query.
Secret KeyYour AWS account secret key or the secret key for an authorized IAM user.
Skip Header Line CountSpecifies the number of header rows to skip for SELECT queries.
SSL Server CertTLS/SSL を使用して接続するときに、サーバーが受け入れ可能な証明書。
SSO PropertiesAdditional properties required to connect to the identity provider in a semicolon-separated list.
Tablesこのプロパティは、レポートされたテーブルを使用可能なテーブルのサブセットに制限します。例えば、Tables=TableA,TableB,TableC です。
Temporary Token DurationThe amount of time (in seconds) a temporary token will last.
Timeoutタイムアウトエラーがスローされ、処理をキャンセルするまでの秒数。
Use EC2 RolesA boolean indicating if you would like to use an EC2 credentials.
Verbosityログファイルに含まれる詳細の量を決定するメッセージレベル。
Viewsレポートされたビューを使用可能なテーブルのサブセットに制限します。例えば、Views=ViewA,ViewB,ViewC です。
WorkgroupWork group of the executed queries.

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7354.0