JDBC Driver for MoneyForward Expense

Build 20.0.7654

Reports

事業所全体の申請をリストします。

テーブル固有の情報

SELECT

事業所のすべての申請のリストを取得するには、OfficeId カラムまたはOfficeId 接続文字列パラメータが必須です。指定しない場合は、Offices テーブルの最初の事業所のOfficeId が使用されます。 本製品 はMoneyForward Expense API を使用してOfficeId を参照する検索条件を処理し、クライアント側で本製品 内で他のフィルタを処理します。例えば、次のクエリはサーバー側で処理されます。


SELECT * FROM Reports
SupportEnhancedSQL をfalse に設定すると、クライアント側の実行をオフにできます。その場合、その他のカラムを参照する検索条件でエラーが発生します。

Columns

Name Type Description
Id [KEY] String 申請Id。
OfficeId String 事業所Id。
ReportTypeId String 申請種類Id。
OfficeMemberId String メンバーId。
Number Integer 申請番号。
Title String タイトル。
Status String ステータス。
SubmittedAt Datetime 申請日時。
ApprovedAt Datetime 承認日時。
CreatedAt Datetime 登録日時。
UpdatedAt Datetime 更新日時。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654