JDBC Driver for MoneyForward Expense

Build 20.0.7654

Positions

役職を作成、更新、削除、およびクエリします。

テーブル固有の情報

SELECT

事業所のすべての役職のリストを取得するには、OfficeId カラムまたはOfficeId 接続文字列パラメータが必須です。指定しない場合は、Offices テーブルの最初の事業所のOfficeId が使用されます。

本製品 はMoneyForward Expense API を使用してOfficeId を参照する検索条件を処理し、クライアント側で本製品 内で他のフィルタを処理します。例えば、次のクエリはMoneyForward Expense API によって処理されます。

SELECT * FROM Positions
SupportEnhancedSQL をfalse に設定すると、クライアント側の実行をオフにできます。その場合、その他のカラムを参照する検索条件でエラーが発生します。

Insert

役職を挿入するには、次のカラムが必要です:OfficeId およびName。

INSERT INTO Positions (OfficeId, Name, IsAuthorizer, Priority) VALUES ('OfficeId1234', 'PositionName123' , false, 150)

Update

役職を更新するには、次のカラムが必要です:OfficeId およびId。

UPDATE Positions SET Name='UpdatedPositionName', IsAuthorizer=true, Priority=170 WHERE OfficeId='12345' AND Id='123456'

Delete

役職を削除するには、次のカラムが必要です:OfficeId およびId。

DELETE FROM Positions WHERE OfficeId = '12345' AND Id = '123456'

Columns

Name Type ReadOnly Description
Id [KEY] String False

役職Id。

OfficeId [KEY] String False

事業所Id。

Name String False

役職名称。

IsAuthorizer Boolean False

承認権限がデフォルトかどうかを示します。

Priority Integer False

表示優先順(昇順)。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654