JDBC Driver for MoneyForward Expense

Build 20.0.7654

データモデル

CData JDBC Driver for MoneyForward Expense は、MoneyForward Expense API のエンティティをテーブル、ビュー、およびストアドプロシージャにモデル化します。これらは、テキストベースの拡張可能なコンフィギュレーションファイルであるスキーマファイルにて定義されます。

テーブルおよびビュー

次のセクションでは、使用可能なAPI テーブル およびビュー へのSQL の実行について説明します。本製品 は、MoneyForward Expense にできるだけ多くのSELECT 構文処理をオフロードし、残りのクエリをインメモリで処理します。API の制限事項および要件については、このセクションで説明します。 本製品 がクライアントサイドのインメモリ処理でAPI 制限を回避する方法の詳細については、SupportEnhancedSQL を参照してください。

ストアドプロシージャ

ストアドプロシージャ は、データソースのファンクションライクなインターフェースです。これらを使用して、データソース内の情報を検索、更新、および変更できます。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654