JDBC Driver for MoneyForward Expense

Build 20.0.7654

ストアドプロシージャ

ストアドプロシージャを使用することにより、データモデル で利用可能なデータを補完することができます。ビューのデータは、テーブルのような直接的な双方向更新ができないため、その場合はストアドプロシージャを使用して更新する必要があります。この場合、データは適切なビューまたはテーブルを使用して取得されますが、更新はストアドプロシージャを呼び出して実行されます。ストアドプロシージャは、パラメータのリストを受け取り、応答を構成するタプルのコレクションを含むデータセットを返します。

CData JDBC Driver for MoneyForward Expense ストアドプロシージャ

Name Description
GetOAuthAccessToken MoneyForwardExpense からOAuth アクセストークンを取得します。
GetOAuthAuthorizationURL MoneyForwardExpense の認可URL を取得します。Web ブラウザでアウトプットに返されたURL にアクセスします。これはMoneyForwardExpense への接続文字列の一部として使われるアクセストークンを要求します。
RefreshOAuthAccessToken MoneyForwardExpense との認証に使用されるOAuth アクセストークンをリフレッシュします。
UploadReceipt MoneyForwardExpense からOAuth アクセストークンを取得します。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654