JDBC Driver for Dynamics 365 Sales

Build 20.0.7587

SQuirreL SQL

このセクションでは、Dynamics 365 for Sales データのJDBC データソースを作成しクエリを実行する方法について説明します。

JDBC Driver for Dynamics 365 for Sales の追加

driver .jar ファイルを追加するには、次の手順を実行してください。

  1. [Drivers]ペインで、+アイコンをクリックして[Add Driver]ウィザードを開きます。
  2. [Name]ボックスに、ユーザーフレンドリーなドライバー名を入力します。例:CData JDBC Driver for Dynamics 365 for Sales
  3. [Example URL]ボックスに、次を入力します。 jdbc:d365sales:
  4. [Extra Class Path]タブで、[Add]をクリックします。
  5. 表示されたファイルエクスプローラーで、インストールディレクトリの[lib]サブフォルダにあるドライバーの.jar ファイルを選択します。
  6. [List Drivers]をクリックして、[Class Name]メニューにドライバーのクラス名 cdata.jdbc.d365sales.D365SalesDriver を入力します。

JDBC データソースの作成

作成したDynamics 365 for Sales ドライバーを選択し、JDBC URL をビルドしてJDBC データソースを作成するには、次の手順を実行してください。

  1. [Aliases]ペインで、+アイコンをクリックします。
  2. 表示された[Add Alias]ウィザードで、以下のフィールドの値を入力します。

    • Name:エイリアスの名前を入力します。例:CData Dynamics 365 for Sales Source
    • Driver:作成したドライバー定義を選択します。
    • URL:次を入力します。 jdbc:d365sales:
    • User Name:必要に応じて、認証用のユーザー名を入力します。これはJDBC URL に追加されます。
    • Password:必要に応じて、認証用のパスワードを入力します。これはJDBC URL に追加されます。

  3. 追加のプロパティを定義する場合は、それらをセミコロン区切りのリストでJDBC URL に追加します。

    一般的な接続文字列は次のとおりです。

    jdbc:d365sales:InitiateOAuth=GETANDREFRESH;OrganizationUrl=https://myaccount.crm.dynamics.com/;
    接続および認証方法については、接続の確立 を参照してください。

あるいは、これらの手順に従って、[Driver Properties]ダイアログにプロパティを追加します。
  1. [Use Driver Properties]チェックボックスを選択します。
  2. [Specify]カラムで、必要な接続プロパティのチェックボックスを選択し、対応する値を指定します。
  3. [OK]をクリックした後に表示されるダイアログで、[Connect]をクリックして接続をテストします。

スキーマの検出とDynamics 365 for Sales データのクエリ

データソースに接続するには、[Aliases]ペインのエイリアスを右クリックして[Connect]をクリックします。メタデータがロードされると、Dynamics 365 for Sales データソースの新しいタブが表示されます。[Objects]サブタブで、使用可能なテーブルおよびビューなどのスキーマ情報を見ることができます。

テーブルデータおよびメタデータを表示するには、[Objects]タブでテーブルを選択します。[Content]タブでテーブルデータにアクセスします。

SQL クエリを実行するには、[SQL]タブでクエリを入力し、[Run SQL](実行アイコン)をクリックします。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587