JDBC Driver for Dynamics 365 Sales

Build 20.0.7587

Code からの接続

このセクションでは、JDBC DriverManager またはD365SalesDataSource インターフェースに接続する方法について説明します。

DriverManager で接続

DriverManager クラスを使用して接続する場合、CData JDBC Driver for Dynamics 365 Sales はJDBC 規則に従います。最初にD365Sales ドライバークラスをロードします。次に、接続を作成します。

ドライバーのロード

JDBC 4.0仕様では、次の手順はオプションです。
Class.forName("cdata.jdbc.d365sales.D365SalesDriver");

接続の確立

静的なDriverManager クラスのgetConnection メソッドで接続文字列を指定します。接続文字列を"jdbc:d365sales:" で始めます。一般的な接続文字列は以下のとおりです。

Connection conn = DriverManager.getConnection("jdbc:d365sales:InitiateOAuth=GETANDREFRESH;OrganizationUrl=https://myaccount.crm.dynamics.com/;");
または、Properties オブジェクトを使用して接続オプションを準備できます。Properties オブジェクトをDriverManager に渡します。
Properties prop = new Properties();
prop.setProperty("Property1","Value1");
prop.setProperty("Property2","Value2");
Connection conn = DriverManager.getConnection("jdbc:d365sales:,");
  

D365SalesDataSource クラスで接続

以下の例に示すように、D365SalesDataSource クラスを使用してプールされた接続を作成できます。詳しくは、接続プール を参照してください。

次の例は、プールされたConnection オブジェクトをインスタンス化します。

D365SalesDataSource ds = new D365SalesDataSource("cdata.jdbc.d365sales.D365SalesDriver", "jdbc:d365sales:UseConnectionPooling=true;InitiateOAuth=GETANDREFRESH;OrganizationUrl=https://myaccount.crm.dynamics.com/;"); 
Connection conn = ds.getConnection();

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587