BizTalk Adapter for Dynamics 365 Sales

Build 20.0.7587

一括アップデートグラム

アップデートグラムを生成して、BizTalk のDynamics 365 for Sales API のバッチ処理機能を活用できます。

一括挿入スキーマ

一括挿入アップデートグラムには、データの変更方法を指定する複数のafter ブロックがsync ブロック内にあります。以下に、一括挿入リクエストの例を示します。

<ns0:parameters xmlns:ns0="http://www.cdata.co.jp/D365SalesProvider/2020J">
  <ns0:sync>
    <ns0:before></ns0:before>
    <ns0:after>
      <ns0:Accounts Name="Name_1" AnnualRevenue="10" /> 
    </ns0:after>
    <ns0:after>
      <ns0:Accounts Name="Name_2" AnnualRevenue="20" /> 
    </ns0:after>
  </ns0:sync>
</ns0:parameters>

一括更新スキーマ

一括更新アップデートグラムには、複数のbefore ブロックがsync ブロック内にあります。before ブロックは、更新する列を指定します。after ブロックはデータの変更方法を指定します。以下に、一括更新リクエストの例を示します。
<ns0:parameters xmlns:ns0="http://www.cdata.co.jp/D365SalesProvider/2020J">
  <ns0:sync>
  <ns0:before>
    <ns0:Accounts AccountId="AccountId_1" Name="Name_x" AnnualRevenue="10" /> 
  </ns0:before>
  <ns0:after>
    <ns0:Accounts AccountId="AccountId_1" Name="Name_y" AnnualRevenue="20" /> 
  </ns0:after>
  <ns0:before>
    <ns0:Accounts AccountId="AccountId_2" Name="Name_x" AnnualRevenue="10" /> 
  </ns0:before>
  <ns0:after>
    <ns0:Accounts AccountId="AccountId_2" Name="Name_y" AnnualRevenue="20" /> 
  </ns0:after>
  </ns0:sync>
</ns0:parameters>

一括削除スキーマ

一括削除アップデートグラムには、削除するアイテムを識別する複数のbefore ブロックと、空のafter ブロックがあります。以下に、一括削除リクエストの例を示します。
<ns0:parameters xmlns:ns0="http://www.cdata.co.jp/D365SalesProvider/2020J">
  <ns0:sync>
    <ns0:before>
      <ns0:Accounts AccountId="AccountId_1"></ns0:Accounts>
    </ns0:before>
    <ns0:before>
      <ns0:Accounts AccountId="AccountId_2"></ns0:Accounts>
    </ns0:before>
    <ns0:after></ns0:after>
  </ns0:sync>
</ns0:parameters>

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587