CData JDBC-ODBC Bridge 2019J - Online Help
Available for:

JDBC の使用

CData JDBC-ODBC Bridge 2019J - Build 19.0.7345

このセクションでは、JDBC でODBC data sources にデータアクセスコードを書き込む手順を説明します。

利用可能なAPI オブジェクトと、それらをSQL でクエリする方法の詳細については、データモデル を参照してください。SQL 構文についてはSQL 準拠 を参照してください。

コードからの接続

本製品 をデプロイしてODBC data sources への接続を設定するために必要な前提情報については、接続の確立 を参照してください。Code からの接続 では、DriverManager クラスまたはJDBCODBCDataSource クラスとの接続方法を示します。

SQL の実行

Statement クラスとPreparedStatement クラスを使用してODBC data sources にSQL を実行します。

  • ステートメントを実行し、返されたResultSet を反復処理するには、ステートメントの実行 を参照してください。
  • パラメータ化されたステートメントを実行するには、プリペアドステートメントの使用 を参照してください。PreparedStatement クラスは、クエリを複数回効率よく実行し、SQL インジェクション攻撃を軽減する手段を提供します。
  • ODBC data sources のバルク処理機能を活用するには、バッチ処理 を参照してください。

ストアドプロシージャの実行

ストアドプロシージャを、パラメータ化されたステートメント(CallableStatement クラスを使用)、またはSQL ステートメント(EXECUTE 構文を使用)として実行できます。ストアドプロシージャの呼び出し を参照してください。

コネクションプーリング

JDBCODBCDataSource オブジェクトで、プールされた接続をインスタンス化します。プールの作成および設定については、接続プール を参照してください。

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7345.0