CData JDBC-ODBC Bridge 2019J - Online Help
Available for:

結果セット

CData JDBC-ODBC Bridge 2019J - Build 19.0.7345

ResultSetMetaData を使用して、クエリの結果に関するメタデータを取得できます。

クエリには、次の要素を含めることができます。

  • エイリアス
  • 完全修飾名
  • 生成されたカラム

ResultSetMetaData オブジェクトは、Statement クラスのgetMetaData メソッドを呼び出すことで、インスタンス化できます。ステートメントが実行されると、ResultSetMetaData インスタンスにデータが挿入されます。次のクエリは、クエリの結果に含まれるカラムを出力します。

String connectionString = "jdbc:jdbcodbc:Driver={SQL Server};Server=localhost;Database=AdventureWorks";

Connection conn = DriverManager.getConnection(connectionString);
PreparedStatement pstmt = conn.prepareStatement("SELECT Id, Name AS My_Name, GETDATE() FROM Account WHERE Industry = 'Floppy Disks'");
pstmt.executeQuery();
ResultSetMetaData rs = pstmt.getMetaData();
for(int i=1;i<=rs.getColumnCount();i++) {
  System.out.println(rs.getColumnName(i));
}

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7345.0