CData ODBC Driver for Google Ads 2019J - Online Help

Informatica から

CData ODBC Driver for Google Ads 2019J - Build 19.0.7354

このセクションでは、Informatica PowerCenter サーバーにDSN を作成する方法について説明します。Informatica PowerCenter からGoogle Ads に接続するには、Informatica Information Services を実行しているマシンと、接続しているマシンにドライバーをインストールします。その後、両マシンのDSN で接続プロパティを指定する必要があります。

Windows では、Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。Informatica のLinux 版には、DataDirect ドライバーマネージャーが組み込まれています。次の手順では、このドライバーマネージャーを使ってInformatica のDSN を設定する方法を示します。これで、Workflow Manager やInformatica のようなクライアントツールからDSN に接続できます。

Linux サーバーでDSN を設定

DSN を定義する前に、次の前提条件手順を実行してください。

  1. ODBCSYSINI 環境変数を設定します:
    >$ export ODBCSYSINI=/home/infar/Informatica/9.6.1/ODBC7.1
  2. ODBCINI 環境変数を設定します:
    >$ export ODBCINI=$ODBCSYSINI/odbc.ini
  3. LD_LIBRARY_PATH 環境変数を設定します:
    >$ export LD_LIBRARY_PATH=/home/infar/Informatica/9.6.1/ODBC7.1/lib:$LD_LIBRARY_PATH
その後、DataDirect ドライバーマネージャーの使用 の手順に従ってドライバーのエンコーディングを設定し、odbc.ini にDSN を作成できます。例えば、/home/infar/Informatica/9.6.1/ODBC7.1/odbc.ini または /opt/informatica/10.1/ODBC7.1/odbc.ini の中です。 odbcinst.ini に本製品 を登録する手順は、Informatica では必須ではありません。

接続のテスト

新しく設定されたDSN 'CData GoogleAds Source' をテストするには、ユーティリティssgodbc を使用できます。

  1. Infomatica のインストールでのツールを含むディレクトリに移動します。例えば、次のコマンドを入力し、必要に応じてオペレーティングシステムに合うように保存先フォルダを変更します。
    cd $INFA_HOME/tools/debugtools/ssgodbc/linux64
  2. 次を入力してDSN をテストします。
    ssgodbc -d "CData GoogleAds Source"-u username -p password -v

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7354.0