CData ODBC Driver for Google Ads 2019J - Online Help

カスタムOAuth アプリの作成

CData ODBC Driver for Google Ads 2019J - Build 19.0.7354

カスタムOAuth アプリを使用して、サービスアカウントまたはユーザーアカウントで認証できます。詳しくは、OAuth 認証の使用 を参照してください。

ユーザーアカウント認証用のOAuth アプリの作成

次の手順に従ってアプリを登録し、OAuthClientId およびOAuthClientSecret を取得します。

カスタムOAuth アプリの作成:デスクトップ

  1. Google API コンソールにログインしてプロジェクトを開きます。 メインメニューから[API マネージャー]を選択します。
  2. [認証情報]->[認証情報を作成]->[OAuth クライアントID]をクリックします。[その他]をクリックします。

カスタムOAuth アプリの作成:ヘッドレスマシン

次の手順に従ってアプリを登録し、OAuth クライアントクレデンシャルを取得します。

  1. Google API コンソールにログインしてプロジェクトを開きます。 メインメニューから[API マネージャー]を選択します。
  2. [認証情報]->[認証情報を作成]->[OAuth クライアントID]をクリックします。[その他]をクリックします。

サービスアカウント認証用のOAuth アプリの作成

次の手順に従ってOAuth アプリケーションを作成しプライベートキーを生成します。それからサービスアカウントを認証します。

  1. Google API コンソールにログインしてプロジェクトを開きます。 メインメニューから[API マネージャー]を選択します。
  2. [認証情報を作成]->[サービスアカウントキー]をクリックします。
  3. サービスアカウントメニューで[新しいサービスアカウント]か既存のサービスアカウントを選択します。
  4. 新しいサービスアカウントを作成している時には、追加で一つもしくは複数のロールを選択します。IAM およびAdmin セクションのプロジェクトレベルでプリミティブロールをアサインすることが可能です。他のロールでは、Google API へのカスタムアクセスを有効にできます。
  5. [キーのタイプ]で[P12 キー]を選択します。
  6. アプリを作成して、キーペアをダウンロードします。プライベートキーのパスワードが表示されます。これは、OAuthJWTCertPassword 内にあります。
  7. サービスアカウントセクションで[Manage Service Accounts]をクリックして、OAuthJWTIssuer をサービスアカウントID で表示されたE メールアドレスに設定します。

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7354.0