CData ODBC Driver for Google Ads 2019J - Online Help

macOS DSN の構成

CData ODBC Driver for Google Ads 2019J - Build 19.0.7354

このセクションでは、macOS でODBC 接続をセットアップしDSN を設定する方法を示します:

macOS の最小バージョン

本製品 にはmacOS Sierra (10.12) 以上が必要です。

ドライバーのライセンス

端末で次のコマンドを実行して、本製品 のライセンスを取得します。評価版をアクティベートするには、<key> の入力を省略してください。

cd "/Applications/CData ODBC Driver for GoogleAds/bin"
sudo ./install-license <key>

名前とパスワードを入力するよう求められます。これらは、あなたの名前とマシンのパスワードを指します。

ドライバーマネージャー経由の接続

macOS では、CData ODBC Driver for Google Ads 2019J はFilemaker Pro、Microsoft Excel、Tableau のような他の多くの製品と同様に、iODBC ドライバーマネージャー用にあらかじめ設定されています。iODBC の最新バージョンは、iODBC サイトで入手できます。

ドライバーのインストールでは、iODBC にドライバーを登録しシステムDSN を作成します。これは、ODBC 接続をサポートするあらゆるツールやアプリケーションで使用できます。

ドライバーマネージャーはドライバーをロードし、アプリケーションからドライバーに関数呼び出しを渡します。ドライバーをドライバーマネージャーに登録して、DSN をドライバーマネージャーのコンフィギュレーションファイルに定義する必要があります。

DSN の設定

DSN の設定には、iODBC と同時にインストールされたGUI のiODBC アドミニストレータ64-bit を使用できます。ODBC マネージャーは、ODBC ドライバーのビット数と一致している必要があります。最新のCData ODBC Driver for Google Ads 2019J のバージョンは64-bit のみです。また、iODBC コンフィギュレーションファイルを編集することもできます。

ユーザーDSN またはシステムDSN を構成できます。ユーザーデータソースは、ユーザーアカウントに制限されています。システムデータソースは、すべてのユーザーがアクセスできます。

iODBC アドミニストレータでのDSN の設定

Launchpad からiODBC アドミニストレータ64-bit を起動することで、ユーザーDSN を作成できます。

ドライバーによってインストールされたシステムDSN を変更する、またはシステムDSN を作成するには、iODBC アドミニストレータ64-bit を昇格権限で起動します。それには、次のコマンドをターミナルに入力します。

sudo /Applications/iODBC/iODBC\ Administrator64.app/Contents/MacOS/iODBC\ Administrator64
iODBC アドミニストレータ64-bit を起動すると、CData GoogleAds Source がSystem タブにリストされます。 DSN を選んで[設定]ボタンをクリックし、接続プロパティを名前と値のペアで設定します。

自分でDSN を作成するには、代わりに[User]か[System]タブで[Add]をクリックし、CData ODBC Driver for GoogleAds オプションを選択します。

OAuth 認証での認証

OAuth 認証標準を使用してGoogle Ads に接続します。ユーザーアカウントまたはサービスアカウントで認証できます。組織全体のアクセススコープを本製品 に許可するには、サービスアカウントが必要です。下記で説明するとおり、本製品 はこれらの認証フローをサポートします。

ユーザーアカウントで認証する

ユーザー資格情報の接続プロパティを設定せずに接続できます。次を設定して、接続してください。

  • DeveloperToken:AdWords アカウントの開発者トークンに設定。AdWords API にサインアップすることで、開発者トークンを取得できます。これには、MMC アカウントでAdWords サイトにログインし、[設定]->[アカウント設定]->[AdWords API Center]に進みます。API アクセスを適用し、Google からの追加指示のE メールを受けます。ペンディングステータスのトークンを受け取ります。トークンはテスト用であり、ライブデータへの接続は許可されていません。Google は、質問票への記入を依頼してきますので、これをGoogle が受け取り、承認した時点でアクティブな開発者トークンを受領できます。
  • ClientCustomerId:AdWords アカウントのclient customer Id に設定。この値はAdWords アカウントで確認できます。この値は、MCC アカウントのId とは異なります。データを取得するには、最低レベルのId を指定する必要があります。
接続すると、本製品 はデフォルトブラウザでOAuth エンドポイントを開きます。ログインして、アプリケーションにアクセス許可を与えます。本製品 がOAuth プロセスを完了します。

他のOAuth 認証フローについては、OAuth 認証の使用 を参照してください。

サービスアカウントで認証する

サービスアカウントには、ブラウザによるユーザー認証なしのサイレント認証があります。また、サービスアカウントを使用して、エンタープライズ全体のアクセススコープを本製品 に委任することもできます。

このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。アプリの作成および認可については、[はじめに]セクションのカスタムOAuth アプリの作成 を参照してください。これでサービスアカウントにアクセス権があるGoogle Ads データに接続できます。

次の接続プロパティを設定して、接続してください。

  • OAuthClientId:アプリケーション設定のクライアントID に設定。
  • OAuthClientSecret:アプリケーション設定のクライアントシークレットに設定。
  • OAuthJWTCertType:PEMKEY_FILE に設定。
  • OAuthJWTCert:生成した.pem ファイルのパスに設定。
  • OAuthJWTCertPassword:.pem ファイルのパスワードに設定。
  • OAuthJWTCertSubject:"*" に設定すると、証明書ストアの1番目の証明書が選択されます。
  • OAuthJWTSubject:アクセスの委譲を要求しているアプリケーションのユーザーのE メールアドレスを設定。管理者がアクセス委譲を承認しなければならないので、ご注意ください。
  • DeveloperToken:AdWords アカウントの開発者トークンに設定。AdWords API にサインアップすることで、開発者トークンを取得できます。これには、MMC アカウントでAdWords サイトにログインし、[設定]->[アカウント設定]->[AdWords API Center]に進みます。API アクセスを適用し、Google からの追加指示のE メールを受けます。ペンディングステータスのトークンを受け取ります。トークンはテスト用であり、ライブデータへの接続は許可されていません。Google は、質問票への記入を依頼してきますので、これをGoogle が受け取り、承認した時点でアクティブな開発者トークンを受領できます。
  • ClientCustomerId:AdWords アカウントのclient customer Id に設定。この値はAdWords アカウントで確認できます。この値は、MCC アカウントのId とは異なります。データを取得するには、最低レベルのId を指定する必要があります。
接続すると、本製品 はサービスアカウントでのOAuth フローを完了します。

OAuth の設定

iODBC アドミニストレータ64-bit などの一部のツールでは、OAuth ブラウザフローを完了するために次の接続プロパティを設定する必要があります。これらのツールから認証を行う場合は、DSN に次の接続プロパティを追加してOAuth フローが正しく実行されるようにする必要があります。

KeywordValue
OtherCheckPromptMode=False

iODBC INI ファイルでのDSN の設定

odbc.ini でDSN を設定します。ODBC ドライバーをodbcinst.ini に登録します。

odbc.ini

ODBC データソースを、odbc.ini ファイルのセクションに定義します。ユーザーデータソースにアクセスできるのは、odbc.ini ファイルがホームフォルダに格納されているユーザーアカウントだけです。システムデータソースは、すべてのユーザーがアクセスできます。

PrivilegesPath
User/Users/myuser/Library/ODBC/odbc.ini
System/Library/ODBC/odbc.ini

iODBC のシステム全体の設定を変更するには、権限を上げる必要があります。そのためには、root またはsudo コマンドを使用できます。次に例を示します。

sudo nano /Library/ODBC/odbc.ini

データソースへの接続に必要な接続プロパティに加えて、Driver プロパティでodbcinst.ini ファイルのドライバー定義またはドライバーライブラリへのパスを指定します。

[CData GoogleAds Source]
Driver = CData ODBC Driver for GoogleAds
DeveloperToken=myDeveloperToken
ClientCustomerId=myClientCustomerId

さらに、ODBC データソースセクション内で、DSN をodbcinst.ini ファイルで定義されたドライバーに設定する必要があります。例えば、ドライバーのインストール時に作成されるDSN のエントリーは次のとおりです。

[ODBC Data Sources]
CData GoogleAds Source = CData ODBC Driver for GoogleAds

odbcinst.ini

パスを本製品 ライブラリに変更する場合は、インストールされたドライバー定義を変更する必要があります。

ODBC ドライバーを登録するには、odbcinst.ini ファイルを変更します。iODBC では、ドライバーは一つのユーザーアカウントでのみ、またはシステム全体で利用可能です。

PrivilegesPath
User/Users/myuser/Library/ODBC/odbcinst.ini
System/Library/ODBC/odbcinst.ini

ドライバーは、odbcinst.ini ファイルのセクションに定義されます。セクション名はドライバーの名前を指定します。このセクションでは、Driver プロパティはドライバーライブラリへのパスを指定します。ドライバーライブラリは、インストールディレクトリの[lib]サブフォルダにある.dylib ファイルです。デフォルトでは、/Applications/CData ODBC Driver for GoogleAds 内に格納されます。

[CData ODBC Driver for GoogleAds]
Driver = /Applications/CData ODBC Driver for GoogleAds/lib/libgoogleadsodbc.dylib

ODBC ドライバーセクションには、ドライバー名が "Installed" に設定されたプロパティも含まれている必要があります。次に例を示します。

[ODBC Drivers]
CData ODBC Driver for GoogleAds = Installed

接続のテスト

ほとんどのiODBC インストールで利用可能なiODBC デモを使って、Google Ads に接続しSQL クエリを実行できます。

iODBC デモ

iODBC デモから接続するには次の手順を実行してください。

  • Launchpad を開き"iODBC" を検索します。
  • ANSI ODBC API のみが使用可能なアプリケーションからGoogle Ads に接続する場合は、iODBC Demo Ansi をクリックします。それ以外の場合は、iODBC Demo Unicode をクリックします。
  • [Environment]メニューで[Open Connection]をクリックします。
  • 対応するタブでDSN を選択し、接続をテストします。
これで、SQL メニューで[Execute SQL]をクリックすることで&service; にSQL ステートメントを実行できます。

ドライバーエンコーディングの設定

ODBC ドライバーは、ODBC ドライバーマネージャーで使用するエンコーディングを指定する必要があります。デフォルトでは、Mac 用のCData ODBC ドライバーはiODBC と互換性のあるUTF-32 を使用するように設定されていますが、他のドライバーマネージャーでは代替エンコーディングが必要な場合があります。

また、ANSI ODBC API を使用するアプリケーションからODBC ドライバーを使用している場合は、ANSI コードページを設定する必要があります。例えば、ANSI アプリケーションに日本語の文字をインポートするには、設定ファイル'/Applications/CData ODBC Driver for GoogleAds/lib/cdata.odbc.googleads.ini' でコードページを指定できます。

[Driver]
AnsiCodePage = 932

ドライバーのアンインストール

ドライバーをアンインストールする最も簡単な方法は、ターミナルを開いて、インストールディレクトリにあるuninstall.sh スクリプトを実行します。次に例を示します。

cd "/Applications/CData ODBC Driver for GoogleAds"
sudo ./uninstall.sh

Note:このスクリプトはインストールディレクトリから実行される必要があります。

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7354.0