Power BI Connector for JSON

Build 20.0.7593

OAuth の使用

このセクションでは、本製品 を使って、OAuth をサポートする任意のデータソースを認証する方法を説明します。

OAuth では認証するユーザーにブラウザでJSON との通信を要求します。次のセクションで説明するとおり、本製品 はさまざまな方法でこれをサポートします。

次の手順に従う前に、サービスにOAuth アプリを登録してOAuthClientId およびOAuthClientSecret を取得する必要があります。

JSON へ認証

次の接続プロパティを設定して、接続してください。

  • OAuthVersion:OAuth バージョン1.0 か2.0 のいずれかに設定します。
  • OAuthRequestTokenURL:OAuth 1.0 に必要です。OAuth 1.0 では、これがアプリケーションがリクエストトークンをリクエストするURL です。
  • OAuthAuthorizationURL:OAuth 1.0 および2.0 に必要です。これは、ユーザーがサービスにログインして、アプリケーションにアクセス許可を与えるURLです。OAuth 1.0 では、権限が与えられるとリクエストトークンが認可されます。
  • OAuthAccessTokenURL:OAuth 1.0 および2.0 に必要です。これは、アクセストークンがリクエストされるURLです。OAuth 1.0 では、認可されたリクエストトークンはアクセストークンと交換されます。
  • OAuthRefreshTokenURL:OAuth 2.0 に必要です。OAuth 2.0 では、古いトークンの期限が切れたときは、このURL でリフレッシュトークンと新しいアクセストークンと交換します。データソースによっては、アクセストークンと同じURL である場合がありますので、注意してください。
  • OAuthClientId:アプリケーション設定のクライアントID に設定。これはコンシューマーキーとも呼ばれます。
  • OAuthClientSecret:アプリケーション設定のクライアントシークレットに設定。これはコンシューマーシークレットとも呼ばれます。
  • CallbackURL:http://localhost:33333 に設定。アプリケーション設定でリダイレクトURL を指定した場合には、一致している必要があります。
接続すると、本製品 はデフォルトブラウザでOAuth エンドポイントを開きます。ログインして、アプリケーションにアクセス許可を与えます。本製品 がOAuth プロセスを完了します。
  1. コールバックURL からアクセストークンを取得し、リクエストを認証します。
  2. アクセストークンの期限が切れたときにはリフレッシュしてください。
  3. OAuth 値 を保存し、接続の間に維持されるようにします。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7593