ADO.NET Provider for JSON

Build 20.0.7593

Box への接続

JSON への接続には、OAuth 認証標準を使います。 ユーザーアカウントまたはサービスアカウントで認証できます。下記で説明するとおり、本製品 はこれをサポートします。

ユーザーアカウントを使ってJSON へ認証

ユーザーアカウントフローでは、認証ユーザーがブラウザ経由でJSON と通信する必要があります。

埋め込みクレデンシャル

デスクトップアプリケーション

本製品 の埋め込みクレデンシャルに接続してカスタムOAuth アプリの作成をスキップするには、埋め込みクレデンシャル を参照してください。

ヘッドレスマシン

カスタムOAuth アプリの作成をスキップして、ヘッドレスサーバーまたは本製品 がブラウザを開く権限がない別のマシンで実行されているアプリケーションを認証するには、ヘッドレスマシン を参照してください。

カスタムクレデンシャル

本製品 の埋め込みクレデンシャルを使って接続する代わりに、アプリを登録してOAuthClientIdOAuthClientSecret を取得できます。

カスタムOAuth アプリを作成するタイミング

Web アプリケーション

Web フローでは、カスタムOAuth アプリを作成する必要があります。

デスクトップアプリケーション

本製品 はすでにJSON に登録されており、埋め込みOAuth クレデンシャルで接続できるため、カスタムOAuth アプリの作成は任意です。 カスタムOAuth アプリを作成して、ユーザーがJSON OAuth エンドポイントにログインして本製品 にアクセス権を与えるときに表示される情報を変更することもできます。

ヘッドレスマシン

カスタムOAuth アプリの作成は、ヘッドレスマシンを認証するには任意です。本製品 はすでにJSON に登録されており、埋め込みOAuth クレデンシャルで接続できるからです。 ヘッドレスOAuth フローでは、ユーザーは別のマシン上のブラウザを介して認証を行う必要があります。カスタムOAuth アプリを作成して、ユーザーがJSON OAuth エンドポイントにログインして本製品 にアクセス権を与えるときに表示される情報を変更することもできます。

サービスアカウントを使ってJSON に接続

サービスアカウントには、ブラウザによるユーザー認証なしのサイレント認証があります。また、サービスアカウントを使用して、エンタープライズ全体のアクセススコープを本製品 に委任することもできます。

このフローでOAuth アプリケーションを作成する必要があります。これでサービスアカウントにアクセス権があるJSON データに接続できます。認証方法については、カスタムクレデンシャル を参照してください。

カスタムOAuth アプリの作成

手順については、カスタムOAuth アプリの作成 を参照してください。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7593