ADO.NET Provider for JSON

Build 20.0.7593

api:validate

api:validate を使って、必須の値が提供されない場合にエラーをスローできます。

パラメータ

  • item:確認するアトリビュートを含むアイテム。
  • attr:確認するアトリビュート。アトリビュートが存在しない場合、エラーが投げられます。
  • code:確認が失敗した場合に投げられるエラーコード。デフォルトは"rsb.validate" です。
  • desc:確認が失敗した場合に投げられるエラー説明。デフォルトで、指定されたアトリビュートが必須である旨のメッセージが投げられます。

サンプル

_query アイテムがId アトリビュートを含まない場合には、特定のメッセージが投げられます:

<api:validate attr="_query.Id"   desc="The Id is required to delete."/>

関連項目

  • api:throw:スクリプト内から(例外)エラーをあげます。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7593