CData JDBC Driver for JSON 2019J - Online Help

ストアドプロシージャの呼び出し

CData JDBC Driver for JSON 2019J - Build 19.0.7354

CallableStatement オブジェクトを使用して、パラメータ化されたストアドプロシージャ呼び出しを実行します。Statement オブジェクトを使用して、EXEC 構文のSQL ステートメントとしてストアドプロシージャを実行します。

CallableStatement オブジェクトの使用

CallableStatement クラスの一般的な実行メソッドを使用して、ストアドプロシージャをパラメータ化されたクエリとして実行できます。

ストアドプロシージャの結果を返すには、getResultSet を呼び出します。更新された行の数を返すには、getUpdateCount を呼び出します。

次の例は、GetOAuthAccessToken ストアドプロシージャを実行する方法を示しています。

CallableStatement cstmt = conn.prepareCall("GetOAuthAccessToken");
cstmt.setString("CallbackURL", "http://localhost");
boolean ret = cstmt.execute();   
if (!ret) {
  int count=cstmt.getUpdateCount();
  if (count!=-1) {
    System.out.println("Affected rows: "+count);
  }
}
else {
  ResultSet rs=cstmt.getResultSet();
  while(rs.next()){
    for(int i=1;i<=rs.getMetaData().getColumnCount();i++) {
      System.out.println(rs.getMetaData().getColumnName(i) +"="+rs.getString(i));
    }
  }
}

Statement オブジェクトの使用

Statement クラスの実行メソッドを使用して、ストアドプロシージャをSQL ステートメントとして実行できます。

ストアドプロシージャの結果を返すには、getResultSet を呼び出します。更新された行の数を返すには、getUpdateCount を呼び出します。

次の例は、GetOAuthAccessToken ストアドプロシージャを実行する方法を示しています。 (See EXECUTE ステートメント for more on the syntax.)

Statement stmt = conn.createStatement();
boolean ret = stmt.execute("EXEC GetOAuthAccessToken CallbackURL = 'http://localhost'");

if (!ret) {
  int count=stmt.getUpdateCount();
  if (count!=-1) {
    System.out.println("Affected rows: "+count);
  }
}
else {
  ResultSet rs=stmt.getResultSet();
  while(rs.next()) {
    for(int i=1;i<=rs.getMetaData().getColumnCount();i++) {
      System.out.println(rs.getMetaData().getColumnName(i) +"="+rs.getString(i));
    }
  }
}

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7354.0