CData JDBC Driver for JSON 2019J - Online Help

はじめに

CData JDBC Driver for JSON 2019J - Build 19.0.7354

JSON への接続

接続の確立 は、JSON への認証方法とJDBC URL に必要な接続プロパティの設定方法について示します。また、利用可能なConnection プロパティを使用して、データモデリングからファイヤーウォールトラバーサルまで、本製品 機能を設定することもできます。高度な設定セクションでは、より高度な設定を行う方法と、接続エラーのトラブルシューティングについて示します。

JDBC データソースへの接続

CData JDBC Driver for JSON 2019J は、Eclipse、NetBeans、IntelliJ IDEA、その他多くの統合開発環境、Java サーバ上で動作するTomcat のようなJ2EE アプリケーションなど、Java アプリケーションへの統合をフルサポートしています。JSP、コンソール、およびswing デモがインストールフォルダにあります。

Java バージョンサポート

ドライバーJAR ファイルのデプロイには、Java Development Kit (JDK) 1.6 以上がシステムにインストールされている必要があります。

JSON バージョンサポート

The 本製品 models local and remote JSON data sources as bidirectional tables. These can be local JSON files or remote JSON streams: RESTful APIs or file stores hosted on FTP servers or popular cloud storage providers. The 本製品 abstracts processing JSON data and connecting to the remote data: HTTP/FTP, SSL/TLS, and authentication: The major authentication schemes are supported, including HTTP Basic, Digest, FTP, NTLM, and OAuth.

関連項目

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7354.0