CData JDBC Driver for JSON 2019J - Online Help

api:unset

CData JDBC Driver for JSON 2019J - Build 19.0.7354

api:unset キーワードは、アイテムからのアトリビュート、もしくはアイテム自身を削除するために使われます。

パラメータ

  • item:アトリビュートが削除されるアイテム。アイテムを指定しない場合には、ディフォルトアウトプットアイテムが使われます。このパラメータはアイテムを削除するためにも使われます。
  • attr:アイテムから削除するアトリビュート。glob mask を使って、複数のパラメータを削除することができます。例えば、"*.foo"。

アトリビュートの制御

None

サンプル

追加される前にアイテムからアトリビュートを削除する:

<api:call op="fileListDir">
  <api:unset attr="file:size"/>
  <api:push/>
</api:call>

関連項目

  • api:set:アイテムでアトリビュートを設定。

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7354.0