CData JDBC Driver for JSON 2019J - Online Help

api:finally

CData JDBC Driver for JSON 2019J - Build 19.0.7354

api:finally キーワードは、コントロールがapi:callapi:try、、またはapi:script 構文を離れた後にスクリプトのセクションを実行するのに使われます。これは、生成されたドキュメントのフォーマットをきれいにするのに便利です。

パラメータ

None

アトリビュートの制御

None

サンプル

api:finally ブロックは、ハンドルされていない例外が発生された場合に実行されます。これによりタグが閉じていることが確認できます:

<table>
<api:call op="listCustomers" out="customer">
  <api:first>
    <thead>
        <api:enum item="customer">
          <td>[_attr]</td>
        </api:enum>
    </thead>
  </api:first>
  <tr>
      <api:enum item="customer">
        <td>[_value]</td>
      </api:enum>
  </tr>
  <api:finally>
  </table> <!-- ensure tags are still closed -->
  </api:finally>
</api:call>

関連項目

  • api:try:例外をキャッチするスコープの定義。
  • api:call:処理により返されたアイテムのループ。
  • api:script:スクリプトブロックの作成。

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7354.0